コンテナの導入はマネージドサービスで--富士通が提供するエンタープライズ品質のOpenShiftソリューション

[PR]デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するには、変化に追従できる基盤となるITシステムが必要で、そのためには既存のレガシーシステムの刷新が急務だ。

デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するには、変化に追従できる基盤となるITシステムが必要で、そのためには既存のレガシーシステムの刷新が急務だ。基盤を整備するには、不要なシステムは廃棄し、変化に対応しなければならないシステムは新しいアーキテクチャのもとで再構築する方法が提唱されている。その際、俊敏性、柔軟性、拡張性を備えた新しいシステム開発のアプローチとして注目されているのが、インフラのクラウドシフトと、アプリケーション開発におけるコンテナ技術の活用だ。

DXへの近道はクラウドシフトとコンテナ活用

 コンテナは仮想化技術であるが、VMwareに代表される従来の仮想化技術がハイパーバイザーによるサーバレベルの仮想化技術であるのに対し、OSレベルでアプリケーション実行環境を仮想化する技術だ。アジャイル開発と親和性が高く、迅速なアプリケーション開発が可能であり移植性も備える。コンテナ化という言葉どおり、パッケージングすることでアプリケーションを後々の技術に対応させたり、付加価値を付けたりすることも容易になる。

 そのコンテナ活用の概念を定着させたのが、オープンソースソフト(OSS)のコンテナ実行ソフト「Docker」で、さらに実運用における柔軟性や拡張性を備えたコンテナ統合管理ソフトがOSSの「Kubernetes」だ。このKubernetesが現状でのコンテナ活用の事実上のデファクトと目されているが、OSSということで企業が業務システムなどで活用する際には運用面で心もとなく、技術面でのハードルも高い。そのなかで現実解として登場したのが、レッドハットが提供する「Red Hat OpenShift Container Platform」(OpenShift)である。

OpenShift環境を導入しやすくするマネージドサービス

 OpenShiftは、エンタープライズOSとして実績の高いRed Hat Enterprise LinuxおよびLinuxコンテナ、Kubernetesをベースに、エンタープライズ用途で必要となる認証、アクセス制御、セキュリティや開発支援機能などを強化したコンテナプラットフォームだ。これによりアプリケーション開発環境の構築やシステム管理の多くが自動化され、ビジネスが求めるアプリケーションやサービスの提供が迅速に行えるようになる。

 ではユーザーは、この新しいテクノロジーをどう活用していけばいいか。その有効な選択肢として同社のパートナーである富士通が、OpenShift環境をユーザーが導入しやすいように、クラウド型のマネージドサービス「FUJITSU Cloud Service for OSS コンテナアプリ開発・保守基盤利用サービス」を提供している。OpenShiftのマネージドサービスという形では、国内で初のサービス展開となる。

CNET_IDご登録の個人情報の取り扱いに関して

続きを読むにはCNET_IDが必要です。また、以下の事項に同意されたものとみなします。
・CNET_IDご登録の個人情報の一部は、情報提供元である「富士通株式会社/レッドハット株式会社」に提供される。
・「富士通株式会社/レッドハット株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
CMS
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]