レコモットが提案する、企業成長を止めないワークスタイルとデジタルワークプレイス

[PR]3月17日に開催された「TechRepublic Japan 業務デジタル化セミナー」にレコモット 代表取締役CEOの東郷剛氏が登壇。「企業成長を止めないワークスタイルには、デジタルなワークプレイスが重要になる」と題して講演した。

 3月17日に開催された「TechRepublic Japan 業務デジタル化セミナー」にレコモット 代表取締役CEOの東郷剛氏が登壇。「企業成長を止めないワークスタイルには、デジタルなワークプレイスが重要になる」と題して講演した。

リモートワークは手段、企業の成長と社員への還元が重要

 「Relational Communication and Mobile Technology」をコンセプトに、場所にとらわれない働き方を実践するためのコミュニケーションサービスを提供しているレコモット。主力サービスは、スマートデバイスやPCから社内のさまざまなシステムへ安全にアクセスするためのテレワークプラットフォーム「moconavi」だ。コロナ禍では、レコモット自身が自社サービスを活用してテレワークやBYODを実践している。講演では、同社がどのようにワークプレイスを定義し、サービスを活用しているのかが紹介された。

 東郷氏はまず、生産性を高めるリモートワークはどうあるべきかについて「リモートワークはあくまで手段であり、企業が成長すること、その結果を社員に還元することが最も重要」と指摘し、次のように述べた。

 「企業が優秀な人材を確保し、生産性を向上させることで、企業が成長することが重要です。働き方改革やリモートワークは、企業が働く人々のバックボーンを含めた多様性を認め、環境を整える手段の1つにすぎません。ウィズコロナ、アフターコロナの世界では、そのようなリモートワークの価値を企業経営に組み込んでいくことが求められます」(東郷氏)

 レコモットでもリモートワークの取り組みを続けてきたが、さまざまなメリット、デメリットを再確認したという。

 メリットとしては、家族関係が向上したこと、通勤による時間ロスやストレスからの解放、コミュニケーションの質の向上などがある。一方、デメリットとしては、自宅での働く場所の確保、時間が自由になることによる働きすぎ、コミュニケーションのためのコストの増加などだ。そのほかにも、VPNの帯域不足や固定電話を受ける、あるいは請求書や契約書などの紙の送付のための輪番出社などが一般的にテレワークの課題になりやすいと東郷氏は指摘した。

働く人を起点に柔軟にワークプレイスを選択できるようにする

 レコモットでは、こうしたメリット、デメリットを踏まえながら「安全、便利、簡単に」生産性を高める働き方を追求してきたという。

 「レコモットのミッションは『時間と場所を超えた新しい働き方を提唱し、ダイナミック且つ多様性を求める社会の生産性向上に貢献する』です。これを実現するために大事にしていることは3つあります。1つめは、自ら進んで行動できる自律(自立)性。2つめは、チームや組織のために行動するチームワーク。3つめは、自分が何をやっているかを示す可視化(透明性)です。社員約60名の小さな会社ですが、この3つを自立自走型の組織をマネジメントするためのコアとなるコンピテンシーとすることで、成長を続けることができたと考えています」(東郷氏)

 レコモットの社員数は2018年2月に16名だったが、2020年12月には54名、オフショア開発者約20名という規模に成長した。年齢構成は50代13%、40代33%、30代39%、20代15%と特定の年代への偏りが少なく、国籍も日本のほか、イギリス、ベトナム、中国、韓国のエンジニアが働くなど、多様性がある。

 コロナ禍以前から、コアタイムのないフレックスやリモートワーク可能な100%クラウド環境、全社テレワークと週1回程度の出社、BYOD手当てなどを整備してきた。

 「働く環境については、デジタルとリアルでそれぞれの役割を定義しています。デジタルワークプレイスは働き方の多様性を支えるもの、リアルワークプレイスは仕事の質を高めるものです。重要なことは、働く人を起点にして柔軟にワークプレイスを選択できるようにすることです」(東郷氏)

テレワークプラットフォーム「moconavi」を展開する

 こうした働き方を支えるのが、レコモットが提供するmoconaviだ。レコモットでは、moconaviにさまざまなSaaSを組み合わせて100%クラウドなIT環境としてデジタルワークプレイスを整備している。

 例えば、社内業務については、経費精算や稟議申請では「ジョブカン」を、契約ではGMO電子契約「Agree」を採用し、ペーパーレスや印鑑レスを推進する。これらをmoconavi経由で利用することにより、シングルサインオンで誰でも簡単に複数のサービスを安全に利用できるようにしている。

 また、営業活動やコミュニケーションについては、電話、Web会議、Webセールス、PC・リモートデスクトップなどのツールを駆使することで、コロナ禍でも従来と同じように対応できるようにしている。ツールとしては、スマートフォンにビジネス用の050番号を付与できる「moconavi 050」、社内PCにアクセスするためのリモートデスクトップ「moconavi RDS」を活用する。

 「moconaviは端末にデータを残さないことが特徴です。会社の固定電話を050番号への転送や、社内PCへのリモートアクセスをmoconaviシリーズに統合することで、リモートワークで課題になるセキュリティやデータ保護に対応できます。また、スマホからmoconavi経由で勤怠の打刻(GPS付き)をすることで、働き方を可視化し、オフィスも含めて時間と場所にとらわれない自発的な働き方をサポートできます」(東郷氏)

 moconaviの特徴はほかにも「誰でもどのデバイスでもつながること」「経営層や従業員などグループごとにポリシーを設定し、労務規定に沿ったワークライフバランスを実現できること」「導入企業が豊富で、信頼性・実績があること」などがある。

 東郷氏はデモを示しながらmoconaviの機能を解説。最後に「moconaviはさまざまなサービスと連携することで、1つのアプリケーションであらゆるビジネスコミュニケーションを可能にします」と紹介し、講演を締めくくった。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]