ビジネスにスピードと安心を!「MySQL Enterprise Edition」がもたらす5つのメリット

[PR]意外に知られていないMySQL商用版のメリットを、MySQLの販売パートナーとして10年超の実績を持つ伊藤忠テクノソリューションズに聞いた。

世界で最も普及しているオープンソースデータベース「MySQL」。無償で利用できるコミュニティ版だけでなく、有償の商用版を活用することで、さまざまな課題を解消し、多くのメリットを得ることができる。意外に知られていないMySQL商用版のメリットを、MySQLの販売パートナーとして10年超の実績を持つ伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)に聞いた。

世界で最も普及しているオープンソースデータベース「MySQL」

 システム開発やサービス提供の現場でOSSが果たす役割が大きくなってきた。影響の大きさは、スマートフォン向けサービス開発、ビッグデータ分析、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)といった近年の取り組みを見渡してもわかるだろう。いまやOSSなくしてはビジネスが成り立たないと言っても過言ではない。

伊藤忠テクノソリューションズ ビジネス開発事業部 ソリューション開発チーム ベンダーサポート課 主任 岸純一氏
伊藤忠テクノソリューションズ
ビジネス開発事業部
ソリューション開発チーム
ベンダーサポート課 主任
岸 純一氏

 メジャーなOSSと言えば、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl/Python)環境を思い浮かべる人が多いかもしれない。実際これらは米国の巨大サービスベンダーでも採用されるなど、企業システムにおいても非常に実績ある構成だ。

 そんなビジネスに欠かせないOSSのなかでも、世界で最も普及しているオープンソースデータベースがMySQLだ。FacebookやTwitter、YouTube、Booking.comといった企業がこぞって採用し、ビジネスの成長を支えてきた。最新版のMySQL 8.0では、従来からのSQLに加えNoSQLも同時に扱えるようになり、JSON対応を強化するなど、活用領域をさらに広げている。

 MySQL商用版の国内販売を手がけている伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の岸純一氏は、日本企業にとってもMySQLは重要な存在だと指摘する。

 「デジタル変革の取り組みのように、ビジネスをすばやく立ち上げ、スモールスタートで成長させていく必要性が高まっています。また、セキュリティ対策によるユーザーのデータの保護、バックアップの高速化によるメンテナンス時間の短縮なども欠かせません。そうした課題に柔軟に対応できるデータベースシステムとしてMySQLは国内でも高い支持を得ているのです」(岸氏)

「MySQL Enterprise Edition」がもたらす
5つのメリット

 MySQLには、無償で利用できるCommunity Edition(以下、コミュニティ版)のほか、企業向け技術サポートが提供される有償のStandard EditionとEnterprise Editionなどがある。特に、企業が抱える課題を解決するための機能を備え、多くの企業の重要システムを支えているのがEnterprise Edition(以下、商用版)だ。

 「企業がMySQLを利用したサービスを提供する場合、コミュニティ版では必要とされる品質に対応できないケースがでてきます。例えば、パフォーマンスチューニングや、セキュリティ対策、バックアップ対応、監査対応などです。それらを追加機能で補いつつ、技術サポートを含め長期的なビジネスの成長を支援できるのが商用版です。コミュニティ版からスタートし、ビジネス拡大とともに商用版へ移行するお客様も多数いらっしゃいます」(岸氏)

 MySQL商用版のメリットは大きく5つに整理できる。(1) ベンダーサポートの提供、(2) セキュリティ機能の強化、(3) 可用性やバックアップ機能の提供、(4) ベンダー対応による品質保証、(5) GPL v.2によるライセンス制約を受けないことだ。

 このうち、 (4) ベンダー対応による品質保証というのは、製品に問題があった場合に開発元のオラクルが修正や改善を担い、製品としての品質を担保することだ。著作権を含む全ての知財を管理しているため、利害関係が発生して修正に遅れがでるという事態も発生しにくい。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 乗換案内のジョルダンがインフラ基盤をHCIへ刷新、その効果とは
  2. 【マンガで解説!】Excelでの業務データ管理から脱却し、変化に強い企業に生まれ変わろう!
  3. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
CMS
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]