TechRepublic Japan 生産性向上セミナー

生産性向上への最適解は
徹底的なデジタル化
働き方はこうやって変える

2019年314日(木)ベルサール御成門駅前

すぐさまやって来る働き方改革関連法では生産性向上が急務だ。残業時間の上限があるからと言って、仕事の量を減らすわけにはいかない。残された手段として、組織としての意志や情報の共有を効率化するとともに業務の自動化を図ることだ。
今回のセミナーでは、最終目的である生産性向上を最大限享受するための課題や導入のポイントを明らかにしながらその現実解をご紹介いたします。

開催概要OVERVIEW

名称
生産性向上への最適解は徹底的なデジタル化
働き方はこうやって変える
開催日時
2019年3月14日(木)13:25開演 
場所
ベルサール御成門駅前 [会場について]
参加費
無料(事前登録制)
定員
100人
対象
ユーザー企業の経営者や人事部門、総務部門、経営企画部門、最高情報責任者(CIO)、情報システム部門の皆さま。
(※本セミナーはユーザー企業様を対象としております。ユーザー企業のご参加を優先するため、ITベンダー様およびシステム開発事業者様のご応募をお断りする場合があります)
主催
朝日インタラクティブ株式会社 / TechRepublic Japan

セッションSESSION

13:25-14:10
基調講演
生産性向上や働き方改革で考えたい
--総務省が進めるテレワークの最新動向

労働生産人口の減少で、企業の規模を問わず生産性の向上・働き方改革は喫緊の課題です。ICTを利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークは、生産性の向上、優秀な人材の確保等に非常に有効なツールです。総務省では、テレワークの全国的な裾野拡大に向け、企業等への専門家派遣、セミナーの開催、先進事例の表彰といった様々な施策に取り組んでいます。本講演では、テレワークの普及状況や企業にとってのメリットについて解説し、「テレワーク・デイズ」をはじめとした政府・総務省の政策、及び生産性向上等大きな経営効果をあげている先進事例等をご紹介するとともに、今後の政策展開についてご説明します。

飯村 由香理氏
総務省
情報流通行政局 情報流通高度化推進室長
飯村 由香理氏
[プロフィール]
略歴:1999年4月郵政省入省(→2001年総務省)
放送行政、ICT利活用・振興施策に従事。2006年情報流通高度化推進室課長補佐(総務省内テレワークの導入など担当、保育園に子供を通わせながら自らもテレワークを実践)、2012年衛星・地域放送課地域放送推進室課長補佐(ケーブルテレビ担当)、2014年情報通信政策課課長補佐(マイナンバーカード利活用、2020年東京大会に向けたICT活用検討)、2016年人事交流ヤフー株式会社へ出向。民間企業における働き方を学ぶ。2018年7月より現職。
14:10-14:50
講演
ないものはカンタンに作ればいい
~生産性向上で考えたい自社アプリの可能性

スマートフォンの急速な普及に伴うモバイルシフトにより、モバイルアプリのマーケットも拡大しています。ゲーム、エンターテインメント、ショッピングなど消費者向けの側面が目立つアプリですが、生産性向上や情報共有、ペーパーレスなどのビジネスの課題を解決する取り組みもはじまっています。
本セミナーでは、すでにビジネスシーンに自社アプリを取り入れ、活用し、効果を出している富士通、ダスキン、マイクロアドの事例や効果をご紹介いたします。

金子 洋平氏
株式会社ヤプリ
執行役員 CCO 兼 エバンジェリスト
金子 洋平氏
[プロフィール]
1979年生まれ。大学卒業後、GMOインターネットにてマーケティング、新規事業立ち上げを経験後、起業。「ファッションメディア」、「ファッションEC」の会社を11年経営し、 2016年よりアプリ運営プラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。
14:55-15:35
講演
グループウェアで「働きがい」ある社内環境をつくる
~押さえておくべき4つのポイント~

2019年4月に施行される働き方改革関連法。一部企業は対応を迫られ、その影響は日本人の働き方を多分に変えることが予想されます。時代の変化に私たちはどう応答すべきなのでしょうか。本講演ではマズローやフーコー、ダンバーなどの先哲の知見を参照しながら、日本の“これから”に欠かせないものと考えられる「働きがい」をつくる方途を示します。
そして、働きがいを生むうえで重要な手段となる「ITツール」なかんずく「グループウェア」を「よりよく活かす」ために押さえておきたい4つのポイントを、事例を交えながらご紹介します。

正木 伸城氏
株式会社ネオジャパン
マーケティング統括部 マネージャー
正木 伸城氏
[プロフィール]
2017年、株式会社ネオジャパンに入社。広報業務を主務とし、パブリックリレーションおよびメディアリレーションの構築に努める。ユーザーの製品導入・活用事例の取材・サイトへの掲出、またユーザー同士の意見交換会などを通した現場のヒアリング経験が豊富で、年1000冊を超える読書の知識と合わせ、それらを活かしたPRコンテンツ制作・講演等を行っている。
15:40-16:20
講演
多様なコミュニケーションで実現できる革新的な働き方
~今、何を選ぶべきなのか?

数年にわたり、テレワークを含む働き方改革が求められる中、多くの企業はコスト削減だけでなく、生産性の向上や効率化を目指し、コミュニケーション環境を変革し続けています。結果、ビデオ会議、Web会議、クラウドなど、さまざまなコミュニケーションツールが市場にあふれています。今、企業・組織は何を選択するべきなのでしょうか。国内外の調査資料を基に、さまざまな観点から、それぞれの企業のニーズにあった無駄のないコミュニケーション、ユーザーが満足する環境についてご紹介します。

荒井 修三氏
ポリコムジャパン株式会社
営業技術部 セールスエンジニア
荒井 修三氏
[プロフィール]
長年この業界に携わり、プリセールスのセールスエンジニアとして、さまざまな業界の数多くのお客様のご相談に対応してまいりました。多様なニーズに対し、専門的な知見を活かし、最適な自社ソリューション・サービスを積極的に検証/提案しています。
16:25-17:05
特別講演
働き方改革を再考する
~デジタル活用と意識変革からの生産性向上~

働き方改革が叫ばれて久しいですが、会社と従業員の双方から、取り組みに対する効果実感がいまいち湧かないとの声を聞きます。
本セッションでは、働き方改革の現状と、会社と従業員の双方にとって意味のある働き方改革について、デジタル活用と意識変革の観点から、実例や導入のポイントを交えてご紹介します。

田中 公康氏
デロイトトーマツコンサルティング合同会社
シニアマネジャー
田中 公康氏
[プロフィール]
外資系コンサルティングファーム、IT系ベンチャー設立を経て現職。
『デジタル人事』領域のリーダーとして、生産性・エンゲージメント向上に向けた働き方改革、デジタル活用によるイノベーション創出に向けた組織・人材マネジメント変革、などのプロジェクトを多数手がけている。直近では、HRテック領域に関する新規サービス開発にも従事。

※プログラムは、予告なしに内容を追加や変更することがございます。ご了承ください。

参加お申し込みREGISTER

本イベントは、受付を終了させていただきました。

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の利用目的>

本セミナーへのご参加には、CNET_IDへのご登録が必要です。CNET_IDご登録時にご入力いただきました登録情報は、当セミナーに関するご連絡、及び朝日インタラクティブ株式会社よりご提供するメンバーサービスに利用されます。

・また、本セミナーにお申し込みされたお客様の情報は、当社と個人情報保護に関する契約書を取り交わしております、協賛企業(株式会社ヤプリ、株式会社ネオジャパン、ポリコムジャパン株式会社)に、当社個人情報取扱フローに準じて、適切な方法にて提供されます。

・お客様の個人情報は株式会社ヤプリ、株式会社ネオジャパン、ポリコムジャパン株式会社より製品・サービスに関する情報を電子メールやダイレクトメール、お電話にてご提供する場合のみ、利用致します。

・具体的な個人情報の利用目的については「サービスごとの個人情報の利用目的」をご覧下さい。

・必要な個人情報をご記入いただけない場合には、当セミナーへの参加をご遠慮いただく場合がございますのでご了承下さい。

<個人情報の取扱いについて>

・ご回答いただいた内容、および個人情報は、朝日インタラクティブ個人情報保護方針の下で適切に取り扱われます。

・当社では個人情報を、上記に記載している利用目的の範囲内で外部に委託する場合、および法令等に基づく正当な理由により要求された場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に開示または提供することはありません。また、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することもございません。

・お客様ご本人の情報についての利用目的の通知・開示・利用停止、提供の拒否のご依頼についてはこちら、訂正・削除についてはこちらをご覧下さい。

朝日インタラクティブ株式会社
個人情報管理責任者 経営管理部 責任者

【お問い合わせ】
朝日インタラクティブ株式会社 お客様プライバシー係
privacy-inq@aiasahi.jp
※当社の個人情報の取扱いに関するご質問や苦情等のご連絡はこちらから

お問い合わせCONTACT

当セミナーに関するお問い合わせは、以下までメールにてご連絡下さい。

朝日インタラクティブ イベントサポート
メールアドレス:

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]