セキュリティ特集もはや通用しない「少し前」の
セキュリティを、どう再構築すべきか~変容を続ける攻撃手法、攻撃対象への対処を再考する~

従来のセキュリティ対策ではカバーできない領域に、リスクの存在範囲が広がっている。

例えば2016年の調査では、ランサムウェアの脅威が大幅に拡大。実際に業務停止に追い込まれる企業や団体が世界的に続出した。脅威の侵入経路として、モバイル端末も、一たび突破されれば深刻な危機を引き起こす。実際、モバイルOSを狙ったマルウェアは急増の一途だ。

さらに今後の不安要素として、IoTネットワークを狙った攻撃も意識される。これは早くも具現化しており、ボットネット化されたIoT機器によるDDoS攻撃が米国で起きている。

当然のこととして、企業内部に目を向けた対策も引き続き怠ることはできない。従業員に対する標的型メール攻撃、ウェブサイト経由の攻撃はなくなっていない。

こうした状況下、企業はどのように今後のセキュリティ対策を考えていけばいいのか。ビジネスに携わるすべての立場において、考察が必要になってくるはずだ。

「企業トップが考えるべき、経営戦略としてのセキュリティ」
「情報部門が考えるべき、経営資産を守るセキュリティ」
「業務部門が考えるべき、実ビジネスを止めないセキュリティ」

本特集は、こうしたテーマに沿った情報提供を、随時おこなっていく。

関連おすすめ記事

  • より多様化・巧妙化するランサムウェア、その最新情報と対策

    [PR]2016年に急増したランサムウェアの被害。PCの重要なファイルを暗号化したり、起動できなくしたりして“身代金”を要求する手口は非常に悪質だ。2017年ではその攻撃はより多様化・巧妙化し標的型攻撃のようなランサムウェアが増えてくるとも予想されている。本稿ではランサムウェアの基礎から対策、最新情報をまとめる。

関連ホワイトペーパー

  • 「無料」で始めるランサムウェア対策 ―― 基本の対策はココ!

    本資料では、「ランサムウェアの種類と歴史」「ランサムウェアの2大感染経路」といった基本知識をはじめ、無料でできる対策として、「定期的なバックアップ」「セキュリティソフトの導入」「脆弱性をなくす」をあげて、すぐに実践できる具体的対策を紹介している。

ランサムウェア

サイバー攻撃

認証セキュリティ

CSIRT座談会

[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部