Javaを安心して使い続けるための“三種の神器”を提供! 富士通SSLのスペシャリストも認める「Java SE Advanced」の魅力[PR]

Javaを安心して使い続けるための“三種の神器”を提供! 富士通SSLのスペシャリストも認める「Java SE Advanced」の魅力

「開発元に日本語でサポートを受けながら、安心してOracle Java SEを使い続けたい」──そう考える企業の間で導入が進みつつあるのがOracle Java SEの有償ライセンス「Java SE Advanced」だ。同ライセンスの販売パートナーの1社、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリのスペシャリストらに、その魅力を聞いた。

Oracle Java SE 7のEOLに伴い関心が高まる。パートナー各社も活用ノウハウと併せた提供に注力

 本サイト掲載記事でも紹介してきたように、2015年4月、Oracle Java SE 7の公開アップデート(パブリック・アップデート)が最終期限(EOL:End of Life)を迎える。速やかにOracle Java SE 8にバージョンアップしていただくのが望ましいが、さまざまな事情から、すぐに移行するのは難しい企業もあるだろう。バージョンアップに際してのトラブルに備え、Oracle Java SEに対するサポートを受けたいという場合もあるかもしれない。

 そうした企業のニーズに応えて提供されているOracle Java SEの有償ライセンスが「Java SE Advanced」だ。昨今、「EOL後も現行バージョンのOracle Java SEを安心して使い続けたい」、「開発元からサポートを受けたい」といった企業の間で徐々に導入が進みつつある。

 Java関連ソリューションを手掛ける日本オラクルのパートナー企業も提供に力を入れており、各社はそれぞれに培ったノウハウも生かして企業のJava活用支援に当たっている。ここでは、そうした1社である富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下、富士通SSL)のスペシャリストらに聞いた、Java SE Advancedの魅力、導入メリットを紹介する。

残り本文:約6446文字 ログインして続きを読んでください。

提供:日本オラクル株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部