DB高速化のポイントは?~フラッシュによるチューニングレスのパフォーマンスアップ~by 3PAR StoreServ 8000

企業が扱うデータ量は増大を続けているが、特に今後は、IoTの業務利用といった新たなデータ活用が顕著に増加してくる見通しだ。

さらには、セルフサービスBIのような、誰にでも利用可能なデータ分析基盤も利用が拡大する。

そのため今後、企業のデータ処理基盤には一層のパフォーマンスが要求されてくる公算だ。

では具体的に、どのように従来以上のデータ処理を実現すればいいのか?

そこで本特集は、DBの高速化に焦点を当て、ストレージとDBがおかれている現状を整理する。

特に最新のフラッシュ技術については、「チューニングなしのDB高速化」を実現する有効策として着目する。

関連資料

関連記事

提供:日商エレクトロニクス株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部