なぜIT部門は幸せになれないのか? ~前編~ 永遠の課題“運用管理の属人化”へ挑む --運用管理者の働き方改革を支援するのは「HCI+JP1」

HCIだけでは足りない「人依存」の課題への対応

 IT部門における働き方改革での最重要テーマの1つに運用管理の高度化がある。運用管理は人、業務プロセス、技術、ノウハウ、予算という業務改善の取り組み要素がすべて関わってくる。この課題の解決なくして、IT部門の働き方改革は成し得ないと言っても過言ではない。

 そもそも運用管理はビジネスにおけるIT活用の歴史とともにある永遠のテーマだ。企業のIT担当者は知恵を絞りながら、さまざまな対策を講じてきた。しかし近年は、仮想化やクラウド、モバイルといったトレンドを受け、ITシステムが著しく複雑化した。これまでの運用管理のあり方が限界を迎えるようになっている。

 そんななか登場したのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。これまでの運用管理は、サーバ、ネットワーク、ストレージといった要素を個別に管理することが求められてきた。サーバ管理者、ネットワーク管理者、ストレージ管理者といった担当者ごとに異なるスキルやノウハウが求められ、それが運用効率を下げ、運用コストを高止まりさせる主な要因になっていた。

 これに対し、HCIは、サーバ、ネットワーク、ストレージといったコンポーネントを統合し、ITインフラをシンプルに運用できるようにした。事前にセットアップされているので導入も容易で、拡張も簡単な操作で実施できる。運用コストや業務プロセスの見直しが進むことで、IT部門がビジネスに貢献しやすくなるという効果もある。また、HCIは、仮想環境で標準的に利用されているVMware vShpereとVMware vSANを使って簡単に構成できることも大きなメリットだ。

 とはいえ、HCIは、運用管理の課題のすべてを解決できるわけではない。むしろ「運用管理がシンプルになる」というHCIの特徴が、新しい課題を生みつつある。それは新たな「人依存」という課題だ。

 「分かれていたインフラのコンポーネントが統合されたことで、それを管理する担当者のスキルに依存する傾向が高まりつつあります」と、日立製作所のサービスプラットフォーム事業本部IoT・クラウドサービス事業部の西部憲和氏は説明する。この新しい人依存がHCI運用の思わぬ落とし穴になっているのだ。

続きは資料をダウンロードしてご覧ください

提供:株式会社日立製作所
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年7月31日