クラウド環境だからこそ実現できる効率的な「ワークスペース」

システムの構築時間を短くし、ビジネスにスピード感を与え、アプリケーション・インフラの管理やアップグレードに掛かるコストを削減するために、オンプレミスからクラウドに移行する需要は増え続けている。

その中でもとりわけ、多様化し続けるワークスタイルに対応するための基盤としてクラウドを選択し、より生産性を高める動きが活発になっている。

そのような状態は、これまでも言われ続けてきた―だが、なくならない―、ID情報や機密データの情報漏えいなど大きなリスクとなる。家や外出先でも働く社員の頑張りが仇となってしまうのだ。

それは、単にメールとスケジュールがどこからでも管理できるということではない。業務アプリケーションやデータに、あるいは自身のデスクトップにどこからでもアクセスできること、かつそれが安全性を保っている、という点がポイントとなっている。

それができてはじめて、どこにいても「社内」と同じように働くことができ、効率的で多様な働き方を実現できるのだ。

本特集ではそのような「クラウド」×「ワークスペース」を実現するための情報を紹介する。

関連ホワイトペーパー

関連記事

関連情報

提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部   掲載内容有効期限:2018年3月31日