特集

そのクライアント、本当にあっていますか

2020年1月のWindows 7のサポート終了(EOS)を控え、クライアント環境の見直しを迫られている企業も多いのではないだろうか。これまでにも何度もあったOSのサポート終了。そのたびに情報システム部門はセキュリティや業務環境の維持など、さまざまな理由のため膨大な工数とコストをかけてきた。しかし今回はこれまでと若干風向きが違う。従来のような物理マシンの買い換えのほか、近年急速に普及しているVDIやDaaSといった仮想デスクトップなど移行先の選択肢が増えていることもその理由の一つだ。しかし最大の相違点は、企業における「働き方改革」と「生産性向上」の意識の高まりにある。ユーザー部門の生産性を考える上で、クライアント環境の整備は避けては通れない。さらにセキュリティ面での不安をいかに払拭するかも重要だ。本特集では、Windows 7サポート終了という外的要因を、クライアント環境見直しの好機ととらえ、「働き方」と「生産性」という従来とは異なる視点で、企業にとって最良の選択肢とは何かを考える。

Sponcer

[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2019年12月31日