今後の競争力を分けるデータ管理

~データの「ガバナンス」ありきで成立する、今後のデジタル経営~

企業が扱うデータは、加速度的な増加基調を維持している。
ビッグデータやIoTなどで新たな事業領域が拡大しているうえ、データの「置き場所」も多様化・分散化が加速しているのが現在だ。個人レベルでも利用しやすいデータ分析基盤も浸透してきている。

そこで問題となるのが、分析すべきデータの管理だ。
前述のように、現場担当者が必要な経営データを手軽に分析できるようになった一方、データの「品質」が維持されていることは、今後の「絶対条件」になる。

その根幹となるのが、マスターデータの管理だ。
少なくとも現状、顧客、契約情報、商品管理などといった業務の根幹をなすデータは、その重要性にもかかわらず、複数のシステムに分散している企業も少なくない。 そこから生じる「データのぶれ」が、部署間の「判断のぶれ」につながり、重大な戦略ミスにつながる事もあるだろう。

組織全体で共有可能な「正確」「単一」のマスターデータが維持されていなければ、データ経営は簡単に綻ぶのだ。

では、
「各業務システム間で、いかにマスターデータの整合性を保てばいいのか?」
「正しいマスターデータを保持することで、どのような優位性を得られるのか?」
「そのうえで可能な、具体的なデータ活用の手法は?」

本特集では、こうした課題についてのヒントを提示していく。

関連おすすめ記事

[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部