モバイル

「Galaxy Z Flip3 5G」入門--サムスンのクラムシェル型折り畳み式スマートフォン

サムスンの「Galaxy Z Flip3 5G」は、垂直方向に開閉できる折り畳み式スマートフォンだ。この新製品の特徴、同社の「Galaxy Z Fold」シリーズとの比較、スペックなどを紹介する。

 サムスンが「Galaxy Z Flip」スマートフォンシリーズの最新モデルを披露した。「Galaxy Z Flip3 5G」と呼ばれるこの新型スマートフォンは、引き続き折り畳み式のクラムシェルデザインを採用しており、かつてのフリップ式携帯電話のように垂直方向に開閉できる。この点が、水平方向に開閉するサムスンの「Galaxy Z Fold」シリーズとの違いだ。フリップスタイルのデザインのため、展開時のディスプレイはZ Foldよりも小さい。だが、よりコンパクトでポケットに入れやすいフォームファクターになっており、Z Foldよりはるかに手頃な価格だ。

 サムスンはこの新型スマートフォンをZ Flip3 5Gと名付けたが、「Z Flip2」という名称のスマートフォンは存在しない。同社は2020年に初代Z Flipを発表し、それほど時間を空けずに「Galaxy Z Flip 5G」を発表した。今回の新モデルがFlip3という名前になったのは、「Galaxy Z Fold3 5G」の命名規則に合わせるためだ。

 Z Flip3 5Gには、2020年のZ Flip 5Gと多くの共通点がある。両モデルともクラムシェルフォームファクターを採用し、6.7インチのメインディスプレイ、5G接続機能、2つの12MP背面カメラ、10MP前面カメラを搭載しており、ストレージを128GBと256GBから選べる。新モデルでの改善点は、前面カバーディスプレイの大型化、リフレッシュレートの高速化、プロセッサーの性能向上、そして発売時の価格が下がったことだ。

折り畳み式スマートフォン

 Galaxy Z Flip3 5Gの際立った特徴は、折り畳み式のフォームファクターだ。サムスンはGalaxy Z FlipシリーズとZ Foldシリーズで、折り畳み機能は実用的で便利な機能であり、スマートフォン購入者を魅了する最新のイノベーションだと宣伝してきた。

 本体を閉じると、カバーディスプレイでカレンダーの表示、天気の確認、エクササイズのモニタリング、その他さまざまなタスクの実行が可能だ。サムスンはカバースクリーンウィジェットを提供しており、これをセットアップしてカスタマイズすると、お気に入りのアプリや機能に前面スクリーンからアクセスできる。「Samsung Pay」がカバースクリーンに直接組み込まれているため、商品の代金を支払う際に、本体を開く必要はない。折り畳んだときのサイズは対角4.2インチなので、ポケットやハンドバッグに収まりやすい。

提供:Samsung
提供:Samsung

 初代Z Flipで登場した「Hideaway Hinge」はZ Flip3 5Gでも採用されており、本体を好きな角度で固定できる。自立も可能だ。サムスンの「Sweeper」テクノロジーは、ヒンジ内のブラシが短くなり、ホコリや汚れが信頼性と耐久性に与える影響を防ぐ。サムスンが実施してBureau Veritasが検証した折り畳みテストで、Z Flip3 5Gのヒンジは20万回の折り畳みに持ちこたえた。

 半開きにすると、サムスンの「Flex」モードが作動する。このモードをサポートするように設計されたアプリは、サイズやレイアウトが自動的に変わり、2つのスクリーンを活用できるようになる。たとえば、一方のスクリーンで「Outlook」の電子メールを読み、もう一方のスクリーンで別のメールをプレビューするなど、デスクトップのOutlookと同じような使い方が可能だ。現在のところ、Flexモードは一部のアプリでしかサポートされていないが、サムスンは同機能に対応するアプリが増え始めていると述べている。

ディスプレイ

 Z Flip3 5Gのカバースクリーンの「Super AMOLED」ディスプレイは、1.9インチ、解像度260×512ピクセルとなり、Z FlipとZ Flip 5Gの1.05インチ、解像度112×300ピクセルのスクリーンから改善された。開いたときに使用するFHD+の「Dynamic AMOLED」メインディスプレイは今回も6.7インチで、解像度は前モデルとほぼ同じ2640×1080ピクセルだ。しかし、リフレッシュレートが60Hzから120Hzに引き上げられたため、表示が高速化し、より見やすくなった。

提供:Samsung
提供:Samsung

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]