PaaS RDBMS

クラウドファースト時代に考える--データベースとアプリケーションの性能問題

企業の内外で活用されるアプリケーションはクラウドネイティブのものが多くなっている。性能監視ツールは、その動きに追随できずにいるが、DPMとAPMを上手に活用すれば、アプリケーションとデータベースの性能を向上させられる。

シグナルを読み取る

 レイテンシ、トラフィック、エラー、サチュレーション(飽和度) ――Googleのサイト信頼性エンジニアリング(Site Reliability Engineering:SRE)チームにより定義された、これら4つのカテゴリは、良質なサービスを提供するための鍵となります。

 これらのシグナルは、応答の受信にかかる時間、ネットワーク上のリクエスト数、エラー率、ネットワーク上の負荷を示します。データベース性能監視は、特定のクエリではなく、4つのゴールデンシグナルを確認して、ワークロードのより良いビューを作成します。

 ワークロードを可視化することでデータベースとアプリケーションの性能を確認でき、単なるメトリクスだけでなく、ユーザーエクスペリエンスに関するスマートなメトリクスを取得できます。例えば、問題がデータベースで生じているのか、もしくは、ウェブサイトが通常よりも多くのトラフィックを受信しているだけなのか、といった点です。

 4つのゴールデンシグナルは、データベースにエラーがあるかどうか、ユーザーによるウェブサイトの過度な閲覧が行われた結果、読込時間に遅延が発生しているかどうかを示してくれます。4つのゴールデンシグナルにより、問題の大まかな原因を見つけることで、問題の直接的な原因をより早く見つけることができます。

 コンテナー技術はニューノーマルにおいて、アプリケーションの健全性を監視するために考慮すべきもう1つの要素です。多くの企業が、アプリケーション開発をより速く、安く、スケーラブルで、柔軟に進めるために、この技術を採用しています。

 重要なのは、コンテナー技術では、真の可視性はコンテナー自体に対するインサイト以上のものがあることです。アプリケーションに障害が発生した場合、問題が発生した場所を迅速に特定できるソリューションが必要です。

 また、コンテナー監視ツールは、性能メトリクスとアラートの取得に加えて、コードプロファイリングとトレースレベルの可視化も有効にする必要があります。したがって、ITチームは、システムの劣化を引き起こす可能性のあるコードのインスタンスなど、アプリケーション内で起きていることを理解できます。

具体的な問題点の把握

 ワークロードを確認して全体的な問題を発見した後は、問題の根本原因を見つけることができます。従来、問題を発見するために複数のクエリを調べなければならず、解決までに時間を要していました。

 しかし、最初からワークロードを調べれば、こうした問題が解消され、根本原因について適切なインサイトが得られるので、どのような問題が発生しているかだけでなく、その原因もわかります。

 これらのメトリクスをより迅速に把握することで、実際に問題が表面化する前に問題点を特定して修正することもできます。したがって、一般的なデータベース監視のように、問題が発生した時にアラートを出すという事後対応的な動きではなく、ユーザーエクスペリエンスを追跡し、未然に問題を発見できるようになります。解決に長い時間をかけるという事態は回避すべきです。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]