AI・機械学習 IoT 日鉄ソリューションズ株式会社

顧客のファーストDXパートナーに--NSSOL注力領域「デジタル製造業」の勘所

日鉄ソリューションズ(NSSOL)は2021~2025年の中期事業方針での注力領域として「デジタル製造業」を掲げている。2025年度のデジタル製造業の目標売上高を750億円以上、年平均成長率を10%以上に定めている。

 日鉄ソリューションズ(NSSOL)は8月25日、2021~2025年の中期事業方針での注力領域の1つである「デジタル製造業」の事業戦略を説明した。新たなブランド「Planetary(プラネタリー)」を新設。同社は2025年度におけるデジタル製造業の目標売上高を750億円以上、年平均成長率(CAGR)を10%以上に定めている。

NSSOL 執行役員 DX&イノベーションセンター デジタル製造業センター 所長 佐藤文敏氏
NSSOL 執行役員 DX&イノベーションセンター デジタル製造業センター 所長 佐藤文敏氏

 Planetaryというブランド名について同社 執行役員 DX&イノベーションセンター デジタル製造業センター 所長 佐藤文敏氏は「惑星が軌道を回りながら(製造業をデジタルトランスフォーメーション化し)進化させる」と説明した。

「WillのDX」から「DXのCulture」へ

 製造業の現場では生産性向上や技術伝承など、課題を並びあげると枚挙に暇がない。政府も経済産業省が中心となって、デジタルトランスフォーメーション(DX)化を目指した「Society 5.0」に長年注力しているが、明確な結果を示したと述べられないことはご承知のとおりである。

 NSSOLは中期事業方針の中で「ファーストDXパートナー」を表明し、顧客とともにDX実現に向けて課題の解決を目指すことを示した。具体的にはデジタル製造業の他、プラットフォーマー支援、デジタルワークプレイスソリューション、ITアウトソーシングの4領域に注力して成長を目指す。

 佐藤氏は「デジタル製造業を一言で表すと『Will(意思)のDX』から『DXのCulture(文化)』へ。これがわれわれの基調である」と解説した。その意思の現れが新ブランドPlanetaryの存在意義である。

NSSOLが唱えるデジタル製造業の姿 NSSOLが唱えるデジタル製造業の姿
※クリックすると拡大画像が見られます

 Planetaryは「Will Orbit」と「Culture Orbit」の2つで構成。Will Orbitでは「テーマコンサルティング」「テクノロジーメニュー」がメイン、Culture Orbitでは「ビジネスデザイン」「データアセタイズ」がメインとなる。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]