人材管理 ワークデイ

NRI産業セグメント、「Workday HCM」活用--2000人を適切に管理、配置

野村総合研究所の産業セグメントは、約2000人を適切に管理、割り当てるべく「Workday HCM」を導入。開発リソースプールとしての人事データの一元化を目指す。

 野村総合研究所(千代田区、単体従業員数6507人)でバックオフィスやフロントオフィスをカバーする”ビジネスIT”などを担当する産業セグメントは、大規模な人材リソースを管理すべく、SaaS型人材管理システム「Workday ヒューマン キャピタル マネジメント(HCM)」を導入。約2000人の従業員の適切に割り当てる仕組みの構築を目指すという。8月24日、ワークデイ(港区)が発表した。

 産業セグメントでは、スキル、適性、経験値、稼働状況などを鑑み、約2000人の従業員を各プロジェクト開発に割り当てているという。

 近年では、高度かつ複雑なデジタル化プロジェクトが急増。「開発要員のスキルセット多様化」「プロジェクト開発期間の短期化」「エンジニアのモチベーション低下」などの傾向があり、若いうちから多くの顧客案件の経験を望むエンジニアも増えていると説明。

 固定化した長期間の同一プロジェクトではエンジニアのモチベーション維持が難しく、生産性に大きく影響するという同社の独自調査もあるとしている。

 高いモチベーションでプロジェクトに割り当て可能な仕組みの構築を重視し、2019年からタレントマネジメントの高度化に着手。

 単一のセキュリティモデル、ユーザーエクスペリエンス(UX)で活用できるWorkday HCMを導入し、人材データを大規模に管理できるプラットフォームを構築するという。

 ウェブアプリケーション向けの高度なエンジニアのスキル、経験値、稼働率などの人事データを開発リソースプールとして一元化。

 さまざまなスキルセットを持った要員を短い期間で割り当てたり、高頻度で入れ替えたりできるという。開発期間の短いプロジェクトにも対応できるとしている。

 Workday HCMは、人事や給与を適切に管理し、従業員の育成、満足度向上などを支援できるというクラウドサービス。カスタマイズできる数千のレポートや数百のダッシュボードで重要事項を可視化できると説明している。

「人材管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]