電子署名 ウェブ会議 アスクル

今後導入したいのは電子契約、2番目にセキュリティ--コロナ禍で課題が表面化

今後導入したいITツールやその課題は――。全国2693の法人を対象にアスクルが調査している。

 法人向け通信販売サービス「ASKUL」などを事業とするアスクル(江東区、連結従業員数3297人)は5月28日~6月7日、職場でのITツール導入をインターネット調査。

 同サービスに登録する25を超える業種、全国2693の事業所から回答を集め、コロナ禍に伴う働き方の変化で、ITツール導入の課題がようやく表面化したと伝えている。

 今後導入したいITツールは、最多が「電子サイン、電子署名、電子契約ツール」の22.7%。「情報セキュリティ」「会計、経理」「人事労務」と続き、上位4項目は2割を超えたという。

導入したいITツール(出典:アスクル) 導入したいITツール(出典:アスクル)
※クリックすると拡大画像が見られます

 業種別では、「教育」「介護、福祉」「各種組合や団体、施設や機関」での「ウェブ会議、テレビ会議システム」が、特に票を集めたという。

業種別回答1(出典:アスクル) 業種別回答1(出典:アスクル)
※クリックすると拡大画像が見られます

 そのほか特徴的な傾向として、「不動産」における「名刺管理」、「製造」における「生産管理」、テレワークが特に進んでいると見られる「IT、情報、通信サービス」の「電子サイン、電子署名、電子契約ツール」などが高かったとしている。

業種別回答2(出典:アスクル) 業種別回答2(出典:アスクル)
※クリックすると拡大画像が見られます

 これらを仮に導入した場合に想定できる弊害を聞いたところ、「導入する費用」が最多の47.8%。「導入するツールやシステムの理解度」「導入後に活用されるかわからない」などが続いている。

導入する場合に想定される課題(出典:アスクル) 導入する場合に想定される課題(出典:アスクル)
※クリックすると拡大画像が見られます

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]