AI・機械学習 ロボット

Pepperに「Rinna」新版--少量の会話データでキャラ反映した性格や口調に

ソフトバンクロボティクスは、人型ロボット「Pepper」の会話エンジンに「Rinna Character Platform」の新版を採用。少量の会話データの追加学習で作りたいキャラクターの性格や口調を反映できるという。

 ソフトバンクロボティクス(港区)は、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の会話エンジンに人工知能(AI)を活用したチャットボット「Rinna Character Platform」の新プラットフォームを採用した。運用効率と耐障害性の改善、顧客満足度の向上を図るという。8月20日、rinna(渋谷区)が発表した。

 Rinna Character Platformは、AIを活用したチャットボットキャラクターが開発できる、2020年3月に高校を卒業したという“元女子高生AI”「りんな」の技術を活用した法人向けのプラットフォームサービス。Pepperには2019年から採用されているという。

 2021年1月に発表、春にリリースした新バージョンでは、rinnaが新開発したチャットエンジン「Style Transfer Chat(STC)」を統合。

 大規模会話データから構築した事前学習済みモデルに、キャラクター性を反映した少量の会話データの追加学習で「STC」モデルを構築可能。作り上げたいキャラクターの性格、口調などを反映した自由会話ができるという。

STCモデルの概要(出典:rinna) STCモデルの概要(出典:rinna)
※クリックすると拡大画像が見られます

 外部サービスとの連携も強化。さまざまなアプリの更新情報を他のアプリに通知できる「WebHook」フィルターを活用すれば、ユーザーが自由にカスタムできるという。

 どのような言語での開発にも対応でき、従来から搭載する不適切な発言を防ぐ機能も引き続き提供。キャラクターの個性を発揮しながら、企業が安心してビジネスに利用できるAIキャラクターの作成環境を提供するとしている。

新プラットフォームの概要(出典:rinna) 新プラットフォームの概要(出典:rinna)
※クリックすると拡大画像が見られます

 チャットボットの各モジュールを小さくシンプルにしつつ、カスタム機能とチャットボットサーバーを分離。耐障害性とセキュリティが向上するという。

 ソフトバンクは6月、Pepperの生産を停止する一方で、販売やサポート、保守は継続すると説明していた。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]