BI/DWH

直感か分析か--直感重視の企業幹部に分析の有用性を示す

経験豊富な経営者は、ビジネスの決定で分析よりも自分の直感を重んじる傾向がある。こうした人々に分析の有用性を理解してもらうにはどうすればいいだろうか。

 「Gut feel」(直感)は、Collins英語辞典で「事実に基づく意見ではなく、本能的な感覚」と定義されている。誰もが次のような状況で直感という言葉を使ったことがあるはずだ。「最後のケーキを食べてはいけなかったと直感した」「私の直感では、今日はうちの高校のサーカーチームが勝つ」

 神経科学者のTara Swart氏は、「人生で経験したことすべてを覚えておけるわけではないが、この知恵はすべて頭の中に蓄積されている」と語る。「直感は安全と健康を維持するためのパターン認識システムだが、昔の恐怖に基づく直感が成功の妨げになる場合もある

 ビジネスでは、直感が分析の使用にも影響を及ぼす。

 「私はよく直感に抗う。直感の裏付けとなる数字が欲しいからだ」。Garmong Construction Servicesの最高財務責任者(CFO)であるMichael Preyss氏はこのように述べた。「これが本当に予想どおりに進むのかどうか、それとも前回と同じような展開になるのか、データで裏付けが取れているだろうか」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1227文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]