BPM ノンプログラミング開発ツール NTTデータイントラマート UiPath

日立BS、12人で業務プロセス2000を統一して可視化--90をRPA連携で自動化

BPOを事業とする日立ICTビジネスサービスは、「IM-QuickActivate BPM実践ワークショップ研修」を受講した12人が社内業務の見直しと平準化を進め、約90の業務プロセスを自動化しているという。

 日立グループ企業からのビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)を請け負う日立ICTビジネスサービス(日立BS、横浜市西区、従業員数1978人)は、提案型BPO担当育成のため「IM-QuickActivate BPM実践ワークショップ研修」を活用。

 研修やeラーニングなどを受けた人材による社内業務の見直し、平準化などが進み、約90の業務プロセスを自動化しているという。8月19日、サービスを提供するNTTデータイントラマート(港区)が発表した。

 日立グループ全体で事業のデジタル化が進んでおり、日立ICTビジネスサービスのBPOサービスにも業務内容を十分に理解した人材によるデジタル技術導入が必要となったという。

 IM-QuickActivateでは、ウェブアプリケーション共通基盤「intra-mart」を活用したローコード開発、ビジネスプロセス管理システム(BPMS)のプロトタイプ構築までを実践可能。既存のロボティックプロセスオートメーション(RPA)、他システムなどとの連携もできるという。

 週1回の研修を8回、2カ月かけて受講した12人を講師として社内に展開し、約2500の業務プロセスの記述を統一して可視化。ボトルネックなどを発見し、そのうち90の業務プロセスをintra-martとRPA「UiPath」の連携で自動化しているという。

 全てのRPAをintra-martから起動することで全体の統制を図り、野良ロボットを排除していると説明。リモートでの進捗管理、業務負荷の平準化なども実現しているという。

 intra-martは、「Accel Platform」を中核に、業務アプリケーションやローコード開発ツールなどを活用できる共通基盤として提供している。企業特有のニーズにあわせたカスタマイズしやすいオープンな開発環境で、全社員が手軽に活用できると説明している。

intra-martの概要(出典:NTTデータイントラマート) intra-martの概要(出典:NTTデータイントラマート)
※クリックすると拡大画像が見られます

「BPM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]