OS

Linux 101: sudoとsuの使い方

新米の「Linux」管理者でも、sudoやsuについて、ある程度の知識は持っているはずだ。ここでは、sudoとsuの使い方を説明する。

 新米の「Linux」管理者でも、sudoについて、少なくともある程度の知識は持っているはずだ。sudoは、「super user do」の頭字語で、標準ユーザーが管理者レベルのアクション(ソフトウェアのインストールなど)を実行できるようにする。ほぼすべてのLinuxディストリビューションはsudoを使用するが、一部のディストリビューション(「Fedora」や「openSUSE」など)では、su(switch user)を使って、スーパーユーザーアカウント(rootとも呼ばれる)に切り替えることが可能だ。

 sudoとsuには、さまざまな使い方がある。本記事では、それについて、詳しく説明する。

 suコマンドを実行すると、ユーザーがrootに切り替わり、rootが所有する.bashrcファイルだけが実行される。suコマンドを実行して、ユーザーを切り替えた後にログインシェルを呼び出すと、ほとんどの環境変数がリセットされ、クリーンな環境が手に入る。

 sudoだけを使用する場合は、管理者権限でコマンドを実行する。sudo suコマンドを実行すると、rootユーザーに切り替わり、すべての/etc/profile、.profile、および.bashrcファイルがrootで実行される。ただし、コマンドを実行するユーザーが/etc/sudoersファイルで定義されており、「Ubuntu」のようにrootユーザーが無効になっている場合でも、事実上のrootユーザーになれる場合に限られる。

 sudo suコマンドを実行すると、環境変数をリセットせずにrootユーザーに切り替わるため、rootユーザーの権限はあるが、環境はない。ほとんどの場合、基本的なsudoコマンドやsuコマンドを実行するだけで済むはずだ。ただし、実行しなければならないコマンドがあり、最小限のsudoコマンドではうまくいかない場合は、sudoかsudo suのどちらかを使えば必ずうまくいくだろう。

 これらのコマンドは注意して使ってほしい。Linuxデスクトップやサーバーに大きな混乱をもたらしてしまう可能性もあるからだ。

提供:iStock/Spectral-Design
提供:iStock/Spectral-Design

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]