マーケ・営業

Lazuli、商品情報提供サービスを食品・飲料向けに特化--データ整形作業を自動化

Lazuliは食品・飲料に特化した商品情報提供サービス「Lazuli PDP for F&B」の提供を開始。「低単価商品が多くSKU数が増える傾向があり、デジタル販売チャネルのためのデータ整備コストが大きい」などの課題に対応する。

 Lazuliは8月3日、商品マスターをクラウドで提供する「Lazuli Product Data Platform(PDP)」を食品・飲料に特化した商品情報提供サービス「Lazuli PDP for F&B」(PDP F&B)の提供を開始した。同社は6月8日に製薬業界向けの「Lazuli PDP for Pharma」(PDP Pharma)の提供を開始している。

(左から)Lazuli 代表取締役 CEO/CTO 萩原静厳氏、Lazuli CXO 國貞航氏
(左から)代表取締役 CEO/CTO 萩原静厳氏、CXO 國貞航氏

 代表取締役 最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)である萩原静厳氏は、数百万種におよぶ膨大な商品情報に伴う食品・飲料のデータ流通をPDP F&Bで解決し、「われわれを土台に工数や作業時間の削減、独自のマーケティング活動に役立ててほしい」と主張した。

デジタルで活用するためのデータ整備コストが大きい

 2020年7月22日に創業したLazuliは、商品情報を収集や整理、拡張して、商品情報を提供するPDPの開発と提供を続けてきた。前述の通り、製薬業界向けは提供済みだが、今回は食品・飲料に焦点を当てた。最高顧客体験責任者(Chief eXperience Officer:CXO)國貞航氏は、その理由をこう説明した。

 「従来は“商品名+価格”が中心だったが、販売チャネルの拡充に伴い、必要な情報量が増加する。食品・飲料は低単価商品が多くSKU数が増える傾向があり、デジタル販売チャネルを活用するためのデータ整備コストが大きい。また、消費者の購買体験向上に必要なデータ量も増え、従来の手法ではコストがかさむ。これらの課題をプロダクトで解決したい」(SKU:Stock Keeping Unitは在庫管理でのアイテムの最小識別単位)

 PDPは販売時点情報管理(POS)システムのデータや各種ログに代表される顧客データと、商品マスターや仕入れ決済情報などの商品関連データを利用しやすい形状に加工、整理し、分析結果からサプライチェーン管理システム(SCM)やマーケティング、店舗改善などに結びつけるデータプラットフォーム。

PDP F&Bの概要 PDP F&Bの概要
※クリックすると拡大画像が見られます

「マーケ・営業」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]