周辺機器

レノボ、新アクセサリーブランド「Lenovo Go」--マウスなど新製品4種類を発売

レノボ・ジャパンは、新アクセサリーブランド「Lenovo Go」としてモバイルバッテリーとマウス3種の4製品の提供を開始した。

 レノボ・ジャパンは8月3日、新しいアクセサリーブランド「Lenovo Go」として、「Mobile World Congress(MWC) 2021」で発表した14製品中、モバイルバッテリーとマウス3種の4製品の提供を開始した。消費者と法人の垣根を取り払い、配色が異なるモデルを用意するものの、消費者向けには量販店やECサイト、法人向けには直接販売やパートナー経由で提供する。

(左から)レノボ・ジャパン 代表取締役社長 David Bennett氏、同社コマーシャル事業部 企画本部 製品企画部 上野達也氏
(左から)レノボ・ジャパン 代表取締役社長 David Bennett氏、同社コマーシャル事業部 企画本部 製品企画部 上野達也氏

 代表取締役社長 David Bennett氏は今後ハイブリッドワークが主流になることを踏まえて、「実現にはルール(制度)、カルチャー(文化)、ツール(環境)が重要だ。アフターコロナは自由なスタイルを自分でデザインする時代。アクセサリーが重要になる」と述べつつ、Lenovo Goを通じて多様なリモートワーク環境に対応していく。

マウスにはMicrosoft Teamsに対応するコールモード

 発売開始となったのは以下の4製品。

  • モバイルバッテリー「Lenovo Go USB Type-C ノートブックパワーバンク 20000mAh(ブラック/グレー)」(以下、パワーバンク)
  • マウス「Lenovo Go USB Type-C ワイヤレス マウス(ブラック/グレー)」(以下、ワイヤレスマウス)
  • マウス「Lenovo Go USB Type-C ワイヤレス マルチデバイスマウス(ブラック/グレー)」(以下、マルチデバイスマウス)
  • マウス「Lenovo Go ワイヤレス バーティカルマウス/Lenovo Go バーティカル ワイヤレスマウス」(以下、バーティカルマウス)

 最大3デバイスへの給電が可能なパワーバンクは、製品名が示すようにUSB Type-CとUSB Type-Aのポートを備えた65W出力で、過電圧保護回路や加熱保護回路、ショート防止機能を搭載したモバイルバッテリー。コンセントから得た電力をデバイスへ優先的に給電するパワーパススルー機能も備える。

 特長は内蔵のUSB Type-Cケーブル。本体に巻き付く形状になっているため、バック内から充電用のUSB Type-Cケーブルを探す必要はない。

パワーバンクの本体サイズは170×72×23mm、重量は約390g、内蔵USB Type-Cケーブルの長さは435mm。価格は1万6500円
パワーバンクの本体サイズは170×72×23mm、重量は約390g、内蔵USB Type-Cケーブルの長さは435mm。価格は1万6500円

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]