電子署名

Boxの電子署名サービス「Box Sign」--Boxプラットフォームに統合して生産性を向上

Boxの電子署名製品「Box Sign」は、Boxプラットフォームに直接統合されることで、ビジネスコストの削減や生産性の向上を狙う、と同社は述べている。

 クラウドホスティングを手がけるBoxが「Box Sign」と呼ばれる新しい電子署名製品を発表した。同社によると、Box Signは、「企業がクラウドでの契約の管理方法をデジタル化およびモダナイズできるようにする」APIとともに、ネイティブの電子署名機能をBoxプラットフォームにもたらすという。

 Box Signは、Boxが2021年2月にクラウド電子署名のSignRequestを買収したことで可能になった製品だ。SignRequestのソフトウェアをBoxプラットフォームに直接統合することで、サードパーティーの電子署名ツールを排除してビジネスコストを削減し、生産性を向上させることができる、とBoxは述べている。

 Box Signは追加料金不要で利用できるが、まだ一般提供は開始されていない。米国時間7月26日の発表後、「Box Business」と「Box Enterprise」のユーザーはBox Signを利用できるようになった。これらのユーザーは、電子署名(その数に制限は課されない)、Boxを使っていないユーザーへの署名の要請、よく使われるドキュメントのテンプレート、電子メール認証や不正開封の検知機能などのセキュリティコントロール、APIアクセス、サードパーティーやカスタムアプリからドキュメントを送信する機能など、さまざまな機能にアクセスできる。

 上記の機能に加えて、Enterpriseプランのユーザーは、一括アクションを可能にする機能、添付ファイルを追加する機能、セルフサービスの署名ワークフローなども利用できる。Boxによると、2021年中に「Starter」プランのユーザーもSignを利用できるようになる予定だという。

 Box Signは、HIPAAやSOC、ISO、FedRAMPなどの標準にも準拠しており、「Box for Salesforce」統合パッケージの一部としても利用できる。

 AdobeやDropboxなどの企業は統合された電子署名機能をすでに発表していたが、今回の発表で、Boxもその仲間入りを果たした。Box Signは、特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを受け、同社のポートフォリオの重要なツールになる可能性が高い。パンデミックにより、デジタルドキュメントと電子署名は正式にビジネスに欠かせない要素になった、とForresterは述べている。BoxがIDCの調査を引用して語ったところによると、重要性が高まったにもかかわらず、電子署名を使用している組織は全体の3分の1に過ぎないという。コスト障壁とレガシーツールが主な原因だ、とBoxは話す。

 Boxの最高製品責任者(CPO)のDiego Dugatkin氏は、「紙ベースの手動ワークフローからクラウドに移行するトランザクションが日々増加している。企業がハイブリッドワーク環境に移行するにつれて、この傾向は加速していくだろう」と述べた。

 Boxは26日、Box Signに加えて、新しい「Enterprise Plus」プランも発表した。このプランには、Box Signのほか、「Box Shield」や「Box Governance」「Box Relay」「Box Platform」など、Boxの主要なアドオンがすべて含まれている。Enterprise Plusは、「Box Digital Suites」に取って代わるものであり、Boxの新規ユーザーと既存ユーザー向けに26日より提供が開始された。Digital Suitesを使用している企業は、追加費用なしでEnterprise Plusにアップグレードすることもできるし、Digital Suitesを使い続けることも可能だ。

Box Sign。提供:Box
Box Sign
提供:Box

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]