勤怠管理・労務管理 経費精算・旅費精算 インフォマート

総務の2割弱、勤怠管理や契約書で残業は月20時間以上--7割「テレワークせず」

総務担当者の2割弱が毎月20時間以上残業しており、その要因としては「勤怠管理」「契約書管理」「備品管理など庶務」などが挙げられている。インフォマートが調査した。

 総務部門は庶務から契約書管理、広報活動までとさまざまな業務を担当しているために、効率が悪く、残業も発生しがちで、働き方の見直しが進みにくい部門だと指摘される。

 こうした背景からインフォマートは「現状改善のため、総務部門でどのような改革を進めるべきか」を調査するために、総務業務の実態や課題などを調査。7月29日に結果を発表した。

 事前のスクリーニングで総務業務を担当している回答者を対象に5月7~14日にインターネットで調査。回答者は343人。

 総務担当者に1カ月あたりの平均残業時間を聞くと、「1~10時間未満」が37.0%、「10~20時間未満」が17.8%、20時間以上(「20~30時間未満」「30~40時間未満」「40時間以上」の合計)が17.8%となり、総務担当者の2割弱が毎月20時間以上残業していることが判明した。

 1カ月に20時間以上残業しているとの回答者(n=61)に注目し、残業の具体的な要因を見てみると(複数回答)、「勤怠管理」が26.2%で最多。次いで「契約書管理」が24.6%、「備品管理など庶務」が23.0%となっている。

 特に「契約書管理」は、他部門とのやり取りが頻繁に生じるため、相手の対応を待つ時間や突発的な業務が発生することで残業につながりやすいと分析している。

「勤怠管理・労務管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]