オフィスソフト

Outlookがイマーシブリーダーに対応--「Microsoft 365」更新動向【2107版】

Outlookでは没入型でメールを閲覧できる「イマーシブリーダー」が加わった。文字間隔などを調整して文章に集中する際に使用し、トグル式に機能の有無を切り替える。

 Microsoftが米国時間7月26日に更新した、Microsoft 365 Apps各プラットフォームに対する変更内容をまとめる(今回が最終回)。リリースノートによれば、バージョン2107(ビルド14228.20204)に更新したWindowsデスクトップ版は前バージョンに引き続き、変更点は少ない。理由は不明だ。

 Outlookはメールの送信先となるTOやCC、BCCに相手を追加する際、Microsoft Searchを利用するようになった。バージョン2107とOffice Insiderのバージョン2108で動作検証してみたが、通常の環境では以前と同じである。

 察するにMicrosoft GraphコネクターやMicrosoft Dynamics 365のフェデレーションコネクターを使用する際に変化が生じるのだろう。

 また、Outlookでは没入型でメールを閲覧できる「イマーシブリーダー」が加わった。文字間隔などを調整して文章に集中する際に使用し、トグル式に機能の有無を切り替える。

 PowerPointは挿入可能な動画として、Microsoftが運営する学生向け動画共有サイトの「Flipgrid」を追加した。これでPowerPointがサポートする動画共有サイトは5つに拡大したことになる。

 最新チャネルとは関係ないが、米国時間7月26日にExcelは再利用可能な関数を作成して、別のワークシートから呼び出し可能なLAMBDA関数を拡充させた。利用するにはOffice Insiderプログラムに参加し、バージョン2108(ビルド14312.20008)以降のExcelが必要になる。関心を持たれた方は公式ブログをご一読いただきたい。

macOS版を含むその他の更新

 米国時間7月13日にバージョン16.51(ビルド21071101)へ更新したmacOS版だが、リリースノートによれば、Outlookで「新しい予定と会議の既定の長さ」の既定値を指定可能にした。WordはWindows版で展開済みのダークモードをサポートしている。

 同機能はバージョン16.49(ビルド21050201)以降のOffice Insiderのベータチャネルで段階的に展開されていた。Microsoft 365 for the webは、Microsoft Projectにチームメンバー以外へのタスク割り当てやサマリータスクにサブタスクの合計を表示する機能を追加している。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]