OS

MSの新サービス「Windows 365」--あらゆるデバイスから利用可能な「Cloud PC」を実現

マイクロソフトは、新しいクラウドサービス「Windows 365」を発表した。さまざまなデバイスからWindowsを利用できるサービスで、米国時間8月2日に提供開始が予定されている。

Windows 365はWindows 10とWindows 11をクラウドから提供する。提供:Microsoft
Windows 365はWindows 10とWindows 11をクラウドから提供する。
提供:Microsoft

 先ごろ名称が変更された「Azure Virtual Desktop」(AVD)サービスは仮想デスクトップをクラウドで提供するが、利用する組織は「Azure Portal」について理解していなければならず、仮想化の専門知識も必要だ。ハイブリッドワークやリモートワークがこれまで以上に拡大する中で、こうしたスキルを持つ大企業やMicrosoftパートナーでさえも、仮想PCの現在の需要レベルに対応できるだけのリソースがない場合があり、多くの中小企業がAVDは複雑すぎると感じている。

 こうした企業が求めているのは、使用中の管理ツールと連携するクラウドデスクトップのオプションだと、Cloud Managed Desktopsのプログラムマネジメント担当パートナーディレクターであるScott Manchester氏は語る。「クラウドの強力な機能とセキュリティはぜひ利用したいが、新しいことを学んだり、新しいツールを採用したりしたくない。これまで投資してきた『Microsoft Endpoint Manager』や、使用中のセキュリティおよびIDソリューションと連携可能なものにしてほしい」

 新しい「Windows 365」サービスは、「おなじみのWindowsだが、提供方法がこれまでと異なり、ユーザーにとって最も柔軟な方法で提供される」。こう語るのは、「Microsoft 365」のプロダクトマーケティング担当ディレクターのMelissa Grant氏だ。

 AVDをベースに開発されたWindows 365では、Windows PCがクラウドで提供され、組織が物理デバイスと仮想マシン(VM)の管理に使用するのと同じMicrosoft Endpoint Managerダッシュボードからプロビジョニングでき、使用料金が発生するAzureリソースをプロビジョニングする必要はない。代わりに、ユーザーごとの月額固定料金制のエディションとして、「Windows 365 Business」と「Windows 365 Enterprise」の2つが用意されており、いずれも米国時間8月2日より提供が開始される。

 Windows 365は、物理PC(そして他のインフラストラクチャー上のVM)と共存できるように設計されているため、リモートワーカーや季節労働者(契約社員、インターンなど)を含むハイブリッドワークフォースをサポートしている組織に有用だ。「人材をめぐって世界規模で激しい競争が起きており、人々は自分の好きなデバイスを使えることを望んでいて、好きなときに好きな場所で仕事ができ、その一方で高い生産性を発揮して、共同作業をし、セキュリティを確保したいと望んでいる」。Grant氏はこのように述べた。

Windows 365 Cloud PCはEndpoint Managerで他のデバイスと同じように表示される。提供:Microsoft
Windows 365 Cloud PCはEndpoint Managerで他のデバイスと同じように表示される。
提供:Microsoft

 「Microsoft Endpoint Managerで、慣れ親しんだ統合管理コンソールを使用して、すべてを一括して管理できる。『Cloud PC』は物理デバイスや他の仮想エンドポイントのすぐ横に表示される。すべてが1カ所にまとまっているため、そこであらゆる管理や展開を実行でき、予測可能なユーザーごとの料金を確認できる」

 Windows 365は、物理Windows PCと同じように「Microsoft Defender for Endpoints」とも統合されているが、Cloud PC固有のセキュリティベースラインがあり、多要素認証とWindows 365専用の条件付きアクセスポリシーを使用して、サービスへのログインが正規のユーザーによるものなのか確認できる。さらに、「エンドポイントではなくクラウドにすべてを保存するので、エンドポイントセキュリティに多くの余裕を持たせることができる」と同氏は指摘する。

仮想化をシンプルに

 また、MicrosoftはCloud PCという新しい用語を使うことで、Windows 365を従来の仮想デスクトップインフラストラクチャー(VDI)と区別している。従来のVDIはITチームにとって複雑で、ユーザーは満足のいく体験を得られないことが多く、VMの起動に時間がかかり、デスクトップに実行したパーソナライゼーションが維持されないことがある。「従来のVDIとの真の差別化要因の1つは、再ログイン時に、前回マシンを離れたときと全く同じ状態で再開できることだ」。Manchester氏はこう説明する。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]