VR・AR

VRのリモートワーク支援やトレーニングでの利用--コロナ禍で再評価

ガートナーによると、パンデミックを受けて、多くの組織はリモートワークをサポートする手段として、仮想現実(VR)プラットフォームを再評価するようになっているという。

 仮想現実(VR)環境でのトレーニングは、医療分野や軍隊の特定の専門職にとっては、以前から理にかなうものだった。1年間のリモートワークの間に、このテクノロジーへの投資のROIは変化した。GartnerのシニアプリンシパルアナリストであるTuong Nguyen氏によると、パンデミックを受けて、多くの組織はリモートワークをサポートする手段として、仮想現実プラットフォームを再評価するようになっているという。

 「これにより、雇用主が使用できるツールの1つとして、VRに注目が集まった。VRは、健康への懸念からリモートワークを可能にするツールとして注目されているだけでなく、より戦略的な投資として、緊急の必要性を満たすことだけにとどまらない潜在的な可能性も評価されている」(Nguyen氏)

 PwCは、仮想環境でソフトスキルトレーニングを実施した方がより効果的であることを確認した。WalmartはVRトレーニングモジュールを使用して、100万人以上の従業員に「ピックアップタワー」の使い方のトレーニングを施した。パンデミック下で消費者は非接触のショッピングオプションを求めたので、このサービスは非常に重要だった。Harvard Business Reviewの記事によると、このトレーニング方法により、トレーニング時間が8時間から15分に短縮されたという。

 VRヘッドセットの低価格化も、こうしたVRトレーニングの拡大を後押ししている。SAICは拡張現実(AR)と仮想現実を軍事用途に長年使用してきたが、現在では、ゲーム部門が「Oculus」ヘッドセットを使用してトレーニングモジュールを開発している。

 SAICのゲーム部門のマネージャーであるScott Hungerford氏によると、SAICは、民間宇宙探査会社や諜報機関を含むすべての顧客のトレーニングやそのほかのユースケースを可能にするテクノロジーとして、VRプラットフォームを検討しているという。

 Hungerford氏は、SAICの一部であるBig Timber Studiosで、アーティストとゲーム開発者のチームを率いている。同氏によると、VRトレーニングプラットフォームは、さまざまなスキルセットを持つ人々や軍隊のあらゆる部門の人々が共有スペースで一緒に作業できるようにすることで、共同作業を容易にするという。

 「VRトレーニングプラットフォームは、効果的かつ有益であり、従来のトレーニングのさまざまな問題を解決する」(同氏)

 Nguyen氏によると、VRトレーニングは、共感に基づく意思決定が必要な仕事だけでなく、ハイリスク、多額のコスト、高額の保険など、重大な結果を伴う仕事にも最適だという。これには、身体的なリスクを伴う仕事(油田掘削装置や製造工場での作業など)や、施設を休業しなければ実施できない可能性のあるトレーニングが含まれる。

 「ほかのユースケースは、ソフトスキルのトレーニングに関するものだ。そうしたトレーニングでは、没入型VR環境によって、文章や従来型の動画ベースのトレーニングよりも効果を改善したり、拡大したりできる」(同氏)

 Sherman Johns氏は、SAICのキャプチャーマネージャー兼スペースストラテジスト(宇宙戦略家)である。米空軍に長年在籍し、宇宙作戦に20年間関与した経験を持つ。SAICでの仕事について、空軍で働いているときに必要だった製品やサービスを作り出すことと説明している。

 Johns氏によると、SAICのVRトレーニング製品は、分散型ワークフォースをサポートしたり、限られたリソースで大規模なグループをトレーニングしたりする仮想オプションが必要な顧客向けに設計されているという。

 同氏は、「人間のインストラクターから物理的なスペースまで、さまざまなリソースの制限は常に存在する」と話す。「VR環境内にトレーニング環境を作り出すことができれば、1000平方フィート(約92.9平方m)や1万平方フィート(約929平方m)の施設は不要になる」

 Nguyen氏は、企業トレーニングのツールボックス全体にVRを追加した後、同テクノロジーが適切な選択肢であるかどうかについて、ケースバイケースで評価することを推奨している。

 同氏は、「全員がリモートワークをしていて、出欠確認以外のことをほとんどやらない30分間の口頭での業務報告を1日おきに行っているのであれば、VRはその作業に最適なツールではない可能性が高い」と述べた。「しかし、複数の利害関係者がいくつかのCAD図面を確認する必要がある場合は、VRが役に立つかもしれない」

提供:Getty Images/iStockphoto
提供:Getty Images/iStockphoto

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「VR・AR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]