AI・機械学習 OCR 経費精算・旅費精算 NTTデータ ビズインテグラル

TBS、番組制作関連の経費処理に「領収書Robota」--自社システムとAPIで連携

TBSが領収書の読み取りにAI OCRを活用。自社で構築した会計システムの刷新に合わせ、APIで連携させている。

 TBSテレビ(港区、従業員数1169人)などで構成するTBSグループは、経費精算作業を簡便化すべく、人工知能(AI)を活用して光学文字認識(OCR)処理できるAI OCRサービス「領収書Robota」を採用。

 経費精算の入力内容を削減し、スマートフォンから申請できる体制を整えたという。7月19日、提供するファーストアカウンティング(港区)が発表した。

 赤坂にある放送センターには、番組制作のために1日約6000人のスタッフが出入りし、毎日数十枚の会計伝票が起票されるという。社内のイントラネットに接続したPCからのみ精算処理可能で、申請のために出社する必要があったと説明。現場の番組スタッフの業務負荷になっていたとしている。

 会計システムの更新にあわせ、スマホから申請可能で、入力作業を削減できる経費精算システムを検討。

 放送局の複雑な伝票承認ワークフローには既存のシステムでは対応できないと判断し、統合基幹業務システム(ERP)パッケージソフト「Biz∫(ビズインテグラル)」などを活用して自社独自での構築を決断したが、その過程でAI OCRの存在を知ったという。システムに組み込むべく、約50社を1年ほどで調査したとしている。

 読み取り精度の高さから、さまざまなシステムとAPI連携できる領収書Robotaを導入。領収書をスマホで撮影すれば、その画像から金額や店名などの入力、タイムスタンプの押印までを自動化。申請できる状態にできるという。

 スマホや社用PCから時間や場所に縛られず経費精算可能となり、申請業務を効率化できたとしている。

 領収書Robotaは、クラウドサービスのみで提供している。処理枚数に応じたサブスクリプションモデルを採用するが、認定リセラー経由での販売のみとなり、料金体系はリセラーごとに異なるという。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]