マーケ・営業

コロナ禍の営業「オンラインのみ」8%、「オフラインのみ」45%--経営者の意識を調査

オンライン営業はどれくらい浸透しており、どんな課題やメリットを感じているのか。WizBizが経営者や役員を対象に調査している。

 コロナ禍となり営業スタイルがオンラインへと変わりつつある企業もあるが、どんな課題を抱えているのだろうか――。7月19日、経営者や役員向けにサービスを提供するWizBiz(港区、従業員数14人)が、従業員数300人以下の中小企業経営者1071人を対象としたインターネット調査の結果を発表した。モニター提供元はゼネラルリサーチ(渋谷区)。

 コロナ禍以降の自社の営業手法を聞いたところ、「オフラインのみ(従来と変わっていない」が最多の45.3%だったという。

 「オンラインのみに変わった」は7.8%、「オンラインがオフラインよりも多くなった」は13.1%、「オンラインとオフラインが半々くらい」は12.4%。オンラインの比率が高まった企業、完全にオンラインへと変わった企業などもあったとしている。

編集部おすすめの関連記事

コロナ禍以降の営業手法(出典:WizBiz) コロナ禍以降の営業手法(出典:WizBiz)
※クリックすると拡大画像が見られます

 オンライン営業のメリットを聞くと、最多は「移動コストの削減」の75.2%。次いで「商談相手の負担軽減」が30.6%、「営業対象を全国に広げられる」が27.7%、「商談までのリードタイムの短縮」が25.0%、「商談数の増加」が20.7%と続いたという。

 コロナ禍で売り上げや業績が落ち込んだ企業も多く、訪問先までの交通費や出張費、移動時間の削減が大きなメリットになっていると分析している。

オンライン営業のメリットと課題(出典:WizBiz) オンライン営業のメリットと課題(出典:WizBiz)
※クリックすると拡大画像が見られます

 オンライン営業の課題も聞いている。「商談が進んでも現物がないのでまとまりきらない」「ある一定の距離間が詰まらずお互いを知り合えない」「相手と交渉の駆け引きがしにくい」「微妙なズレを拾いきれない」「環境を整えていてもフリーズなどが起こる可能性がある」などをの声を紹介している。

 調査では、調査対象となった経営者、役員自身が足りないと感じる能力や、自社の成長のために強化したいテーマなども聞いており、いずれも「営業」が最多の回答を集めている。

自分に足りない能力(出典:WizBiz) 自分に足りない能力(出典:WizBiz)
※クリックすると拡大画像が見られます
自社の強化テーマ(出典:WizBiz) 自社の強化テーマ(出典:WizBiz)
※クリックすると拡大画像が見られます

「マーケ・営業」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]