コミュニケーション ウェブ会議

損保ジャパン、成田と銚子をシェアモニターで接続--同部屋のようにやり取り

損保ジャパンの成田保険金サービス課は、成田と銚子のオフィスをシェアモニターで接続。2つの拠点によるコミュニケーション課題の解決を図っている。

 損害保険ジャパン(損保ジャパン、新宿区、従業員数2万4689人)の成田保険金サービス課は、遠隔のオフィスをつなぐため等身大コミュニケーションサービス「tonari」を採用。同じ組織の社員が2つの拠点に離れて勤務する際のコミュニケーション解決策として活用するという。7月16日、tonari(渋谷区)が発表した。

 千葉県で保険金支払いを担当する損保ジャパンの成田保険金サービス課は、4月の機構改組で銚子の組織と統合。

編集部おすすめの関連記事

会議での活用例(出典:tonari) 会議での活用例(出典:tonari)
※クリックすると拡大画像が見られます

 顧客対応の観点からオフィスは成田と銚子に分かれて運営しており、同じ組織にも関わらず分かれて勤務しているという。物理的に接点が持ちづらく、社員同士のコミュニケーションが課題だったとしている。

 等身大スクリーンとなるシェアモニターを介して遠隔オフィス同士を同じワークプレイスとして接続するため、従業員同士が協同する生産性の高い働き方、やりがいなどのエンゲージメント向上につながると評価。

 7月7日から導入し、同じ部屋にいるかのように問い合わせ状況を確認したり、資料を見ながら細かい打ち合わせしたりできているという。

 対面で話せるため、直接会う必要を減らせるとしている。

オフィスの様子(出典:tonari) オフィスの様子(出典:tonari)
※クリックすると拡大画像が見られます

 tonariは、PCやスマートフォンに最適化した既存の「WebRTC(Web Real-Time Communication)」などの技術ではなく、プログラミング言語「Rust」などを活用してシステムをゼロから再設計したという。

 高いフレームレートや解像度を実現しつつ、ネットワーク遅延時間を短縮できるとしている。

 提供価格は、個別のヒアリング後に決定するという。空間デザインやリノベーション、使用用途などのコンサルティングも含め、総合的に価格を提示するとしている。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]