ウェブ会議 アイ・ティ・アール

ウェブ会議市場、2020年度は倍増--ウェビナー、オンラインイベントで堅調に成長

ウェブ会議市場の2020年度の売上金額は比130.7%増の257億円。品質に対する要求水準が急速に高まり、シェア上位ベンダーによる寡占化が進行しているという。

 アイ・ティ・アール(ITR)は7月15日、国内のウェブ会議市場予測を発表した。2020年度の売上金額は前年度比130.7%増の257億円で2倍強の市場規模へ成長。なかでもトップベンダーが大きく躍進したという。

 2020年からのコロナ禍で在宅勤務が急速に広がり、ウェブ会議の導入が急拡大。テレワーク環境下での従業員間、取引先企業とのコミュニケーション手段の一つとして活用されている。

 コロナ禍収束後も、一定数の企業で在宅勤務が定着すると予測。勤務場所に寄らず打ち合わせできるウェブ会議は引き続き活用されるという。伸びは鈍化するが、市場は成長すると説明している。

編集部おすすめの関連記事

 昨今はウェビナー、オンラインイベントといった不特定多数へのオンラインでの情報発信に活用する場面が増加しており、社内外の会議を目的とする従来のウェブ会議需要の鈍化をカバーしつつあるという。2020~2025年度の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)を13.2%と予測している。

 ITRのシニア・アナリストの舘野真人氏は、「ウェブ会議はコロナ禍の影響で市場規模が最も大きく拡大した分野の一つ。品質に対する要求水準も急速に高まっており、シェア上位ベンダーによる寡占化が進行している。サービス基盤の拡充や機能の追加に必要なリソースが不足しているベンダーは淘汰される可能性がある。

 今後は、ハードウェアと一体化した据え置き型サービスの需要が拡大する」とコメントしている。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]