オフィスソフト

「Excel」の平均値計算の応用--最大値と最小値の除外、トリム平均など

「Excel」は特殊な平均値の計算にも対応している。最大値と最小値を除いて平均値を求める方法や、上位と下位の一定の割合の値を除外する方法などを紹介する。

 「『Excel』での平均値計算--平均関数の使い分け」という記事では、Microsoft Excelの多数の平均関数を紹介し、それらの関数によるゼロ値、ブール値、空の文字列値の評価について重点的に解説した。しかし、こうした関数が適していない場合もある。実際には、平均関数を全く使用しない数式が必要になることもあるだろう。この記事では、平均値計算のユニークな解決方法をいくつか紹介する。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルや.xlsファイルをダウンロードしてもいい。これらの関数はすべてブラウザー版でもサポートされている。

Excelでの平均値計算の簡単な復習

 AVERAGE()関数のことをよく知らない人のために、まず簡単に復習しておこう。ご想像のとおり、この関数は参照する値を足し合わせてから、その合計を値の数で割る。セルや範囲だけでなく、リテラル値も参照できる。この関数が数値以外の値をどのように扱うかを覚えておくことが重要だ。

編集部おすすめの関連記事

  • テキストは無視される。
  • 論理値(ブール値)、TRUE/FALSE値は無視される。
  • 空のセルは無視される。
  • 関数がエラー値を参照している場合、エラーが返される。

 図Aでは、AVERAGE()が単純なデータセットの平均値を返している。算出された平均値は、合計して割った場合の結果、すなわち=SUM(B4:B8)/5の結果と同じだ。以下でもこのデータセットを使用して、もう少し複雑な例を見ていく。

図A

AVERAGE()を使用してデータセットの平均値を返す。
AVERAGE()を使用してデータセットの平均値を返す。

Excelで最大値と最小値だけの平均を計算する方法

 データセット内の最大値と最小値の平均を求めるというのは、曖昧な要件に思えるが、AVERAGE()が他の関数とどのように連携するかが分かるように、ここで紹介する。この解決策では、AVERAGE()、MAX()、MIN()を組み合わせる。図Bは、以下の関数の結果だ。

=AVERAGE(MAX(B4:B8),MIN(B4:B8))

 32.75という値が返されている。これは(1.5+64)/2という数式が返す値と同じだ。

図B

この関数は平均計算でデータセット内の最大値と最小値以外を除外する。
この関数は平均計算でデータセット内の最大値と最小値以外を除外する。

 この関数の仕組みを把握するのは簡単だが、サンプルデータセットを使用して評価してみよう。

=AVERAGE(MAX(B4:B8),MIN(B4:B8))
=AVERAGE(64,1.5)
32.75

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]