PC・モバイル

「Chromebook」の有用性--コスト、機能、性能面でのメリットを考える

「Chromebook」の重要度が高まっている。コスト、機能、パフォーマンスの面で、常用のノートブックの候補になり得る理由を説明する。

 最初に言っておきたいことがある。「Windows 11」は古いハードウェアをサポートしない。Intelの第6世代プロセッサー「Skylake」とそれ以前のCPUや、「Zen」以外のAMDプロセッサーを搭載したマシンは、Windows 11の要件を満たさない。Microsoftによると、これらのプロセッサーは「Windows 11のセキュリティおよび信頼性に関する原則と最小システム要件」を満たしていないという。Microsoftはその一方で、Windows 11にはIntelの第8世代CPU「Coffee Lake」かAMDの「Zen 2」CPUが必要だと述べている。

 では、第7世代プロセッサーはどうなるのか。

 控えめに言っても、Windows 11が何をサポートして何をサポートしないのかに関して、大きな混乱が生じている。こう言えば十分だろう。約5年前のコンピューターを使っていて、Windows 11を実行したいなら、新しいマシンを購入しなければならない。

 したがって、今は「Chromebook」を常用のモバイルデバイスとして検討する絶好のタイミングだ。

 なぜか。多くの人はずっとWindowsを使ってきた。筆者はむしろ「Linux」に乗り換えるように説得したいところだが、大多数の人がOSに関して固有の要件を持っているという現実は分かっている。Linuxがそうしたニーズに応えられると固く信じてはいるものの、「Chrome OS」が平均的なユーザーの要件を満たすだけでなく、それ以上のものを提供できるということについては、さらに強い確信を抱いている。

 その理由を説明しよう。

 Canalys Dataによると、2020年第1四半期に出荷されたChromebookは合計319万8000台だという。2021年第1四半期の出荷台数は、1197万9000台という目覚ましい数字だった。1年間で275%もの増加だ。ここで、大変驚くべき世界の市場シェアの統計を見てみよう。Stat Counterが発表した世界のOS市場シェアは以下のとおりだ。

  • 「Android」:41.42%
  • Windows:30.86%
  • 「iOS」:16.1%
  • 「macOS」:6.65%
  • Linux:1.01%

 これは世界の市場シェアであり、たとえば米国市場とは大きく異なることに注意してほしい。米国のシェアは以下のようになっている。

  • iOS:29.72%
  • Windows:29.15%
  • Android:21.28%
  • macOS:13.25%
  • Chrome OS:3.66%
  • Linux:1.13%

 これらの数字を個別に見ると、Chrome OSは全く太刀打ちできていないと結論づけることもできる。しかし、全体として見ると、状況が以前と大きく異なっていることが分かる。世界市場と米国市場の両方で、モバイルOSがランキングのトップに立っている。言い換えると、モバイルの天下だ。Chrome OSのシェアはごくわずかだが、筆者が先に述べたことを考えてほしい。Windows 11がリリースされたとき、現在の多くのハードウェアはサポートされない。

 そのため、ユーザーにはいくつかの選択肢がある。

  • 「Windows 10」をサポート終了まで使い続ける。
  • Windows 11をサポートする新しいコンピューターを購入する。
  • もっと安価な別のマシンに乗り換える(Chromebookなど)。

 最後の選択肢は非常に重要だ。世界は今、パンデミックの影から抜け出そうとしており、これは(非常に多くの人に)金銭的な余裕がないことを意味している。この悪夢から目覚めた後に、OSのアップグレードが差し迫っているという理由だけで、新しいコンピューターにお金を使いたいと思う人はいないはずだ。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]