セキュリティ NEC

NECの新サービスにみる「セキュリティリスクマネジメントの重要性」

本連載では、筆者が「気になるIT」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、NECの「サイバー攻撃ルート診断サービス」を取り上げる。

企業はセキュリティリスクをしっかりとマネジメントすべし

 新サービスの最大の特長は、攻撃可能なルートを網羅的に検出し、分析できることだ。

 従来の脆弱性診断ツールでは、各機器の脆弱性は網羅的に検出できても、実際に攻撃可能なルートの検出までは不可能だった。また、システムが複雑化するほど攻撃可能なルートは増加するため、人手でも網羅的に把握することは困難だ。

 これに対し、新サービスではサイバー攻撃リスク自動診断技術により、実際に攻撃可能なルートを網羅的に検出、分析することができる。

 また、検出した全ての攻撃可能なルートに対して対策効果を計算することにより、セキュリティ対策を実施した場合のシステム全体のリスク値の変化を可視化して対策の効果を把握することも可能だ。

 これにより、セキュリティ対策を優先すべき箇所の把握や対策の妥当性を判断することが可能なため、効率的なセキュリティ対策を実施できるとしている。

 なお、新サービス適用の流れは図2のようになっている。

 今回このサービスを取り上げたのは、セキュリティリスクをマネジメントするという観点から、とても有用で効果的なサービスだと思ったからだ。しかも、このサービスはNECの独自技術が中核となっており、非常に興味深く感じた。

 企業の情報セキュリティ対策については、筆者も長年にわたってさまざまな角度から取材してきたが、関連する技術の進歩や迅速な適用もさることながら、取材時に最も注目してきたのは、企業がセキュリティ対策をリスクマネジメントの重要な取り組みとしてしっかりと捉えて動いているかどうかだ。

 つまりは、さまざまなセキュリティリスクに対してPDCA(Plan-Do-Check-Action)のマネジメントサイクルをきちんと回し続けて、訓練などの具体的なアクションも含めて取り組んでいるどうかである。

 こうした取り組みに必要な要素の大半を、今回の新サービスで賄うことができるだろう。ぜひ、ユースケースを取材したいと感じた新サービスである。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]