ECサイト

SAP、消費財や小売業向け顧客エンゲージメント基盤--KPIやROIを可視化

SAPジャパンは、消費財や小売業を対象に顧客エンゲージメント向上を狙うプラットフォーム「Emarsys Customer Engagement」の国内提供を開始。短期間でのマーケティングキャンペーン実行、KPIやROIの可視化といった機能を利用できる。

 SAPジャパンは7月6日、消費財や小売業を対象にオムニチャネルで顧客エンゲージメント向上を狙うプラットフォーム「SAP Emarsys Customer Engagement」の国内提供を開始したことを明らかにした。2020年11月に買収したEmarsysの製品を自社製品化したものであり、短期間でのマーケティングキャンペーン実行、主要評価指標(KPI)や投資対効果(ROI)の可視化といった機能を利用できる。

(左から)SAPジャパン バイスプレジデント SAP Customer Experience 事業本部長 富田裕史氏、同社SAP Customer Experience事業本部 ソリューションエンジニアリング部長 臼谷悠太氏
(左から)SAPジャパン バイスプレジデント SAP Customer Experience 事業本部長 富田裕史氏、同社SAP Customer Experience事業本部 ソリューションエンジニアリング部長 臼谷悠太氏

 SAPジャパン バイスプレジデント SAP Customer Experience事業本部長 富田裕史氏は「われわれが考えるCX(カスタマーエクスペリエンス)はCRM(顧客関係管理)のようなフロントだけでは成し得ない。カスタマージャーニーをマーケティングの段階から購入後まで価値を届けるのがSAPのCX」と市場投入する意義を説明した。

ROIを追求しながら俊敏なマーケティング

 冨田氏によれば、マーケティングオートメーション(MA)市場は「レッドオーシャン」という。コロナ禍で電子商取引(EC)は盛んになり、メーカーが中間流通業者を通さずに自社のECサイトを通じて顧客に直接販売する「D2C」(Direct to Consumer)といったビジネスモデルも浸透しつつあるが、そこで重視されるのがMAツールである。

 SAPジャパンの説明によれば、MAツールを導入した企業の売り上げは向上しつつも、MAツールを導入するために外部パートナーの協力を必要とする企業は約80%にもおよぶ。一方で分析や戦略を立てる人材不足といった課題を抱える企業も少なくない。

 Emarsys Customer Engagementについて富田氏は「人材不足を仕組みでカバー。ROIを追求しながら俊敏性を持ってマーケティングを実施できる」のが特長だと説明した。

Emarsys Customer Engagementのダッシュボード Emarsys Customer Engagementのダッシュボード
※クリックすると拡大画像が見られます

「ECサイト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]