OS

「Windows 11」の第一印象-- MS最新OSの主な新機能と変更点

マイクロソフトが次世代OS「Windows 11」を発表した。プレビュー版を基に、同OSの新機能と変更点を簡単に紹介する。

 Microsoftが次世代の「Windows」を正式に発表した。同社は、米国時間6月24日にバーチャルの発表イベントを開催した後、「Windows 11」のプレビュー版を「Windows Insider」プログラムのテスターにリリースした。このプレビュー版には、Microsoftが発表イベントで宣伝したほとんどの機能が搭載されているが、「Microsoft Teams」との統合と、「Android」アプリをインストールする機能は含まれていない。

 Windows 11のプレビュー版は、当然のことながら、まだ完成版ではない。Microsoftは、内部テストとWindows Insiderからのフィードバックに基づいてWindows 11を微調整した後、2021年後半に最終版をリリースする予定だ。しかし、それまで待たなくても、最初のプレビュー版を見れば、Windows 10の後継OSの開発におけるMicrosoftの方向性がよく分かる。

 本記事では、プレビュー版を基に、Windows 11の新機能と変更点を簡単に紹介する。

新しいデザイン


 

 まず、Windows 11では、新しい「Fluent」デザインにより、Windows 10とは異なる美学が採用されている。Windows 10の角張った外観は、より魅力的な、角が丸みを帯びた外観に置き換えられた。このデザインは、ウィンドウやメニュー、そのほかの画面要素で使用されている。アイコンやユーザーインターフェースのそのほかの側面は、よりシンプルで洗練された外観になった。操作環境の視覚的な外観は、全体的な信頼性やパフォーマンスほど重要ではないように思える。しかし、画面を長時間見つめる人にとって、魅力的なデザインの方が目に優しいのは間違いない。

「Start」(スタート)メニュー


 

 Startメニューが大幅に刷新された。新しいStartメニューは、これまでのようにユーザーのすべてのアプリとタイルを含むビューを表示するのではなく、ピン留めされたアプリとお薦めのアプリだけを表示する。インストールしたすべてのアプリにアクセスするには、追加の手順が必要だ。少数の特定のアプリだけを使用する人々は、この変更を歓迎するかもしれない。しかし、筆者は、あらゆるものに素早くアクセスできる完全なStartメニューを使い慣れているので、この変更を好ましく思っていない。幸い、レジストリを少し変更するだけで、従来のStartメニューに戻すことが可能だ。

 Startメニューを微調整して、どのような種類のアプリを表示するのか、主なWindowsフォルダーと場所のどれを表示するのか、といったことも設定できる。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]