OS

「Windows 11」の第一印象-- MS最新OSの主な新機能と変更点

マイクロソフトが次世代OS「Windows 11」を発表した。プレビュー版を基に、同OSの新機能と変更点を簡単に紹介する。

スナップレイアウト


 

 Windows 10では、ウィンドウを画面の特定の側面や領域にスナップして、複数のアプリを整理できる。Windows 11は、この機能が強化されており、スナップレイアウトをより細かく制御することが可能になった。スナップレイアウトを確定する前にプレビューを表示させて、スナップするウィンドウをより簡単に配置できる。ウィンドウをスナップして画面を整理するのが好きな人にとって、これは歓迎すべき機能改善だ。

「File Explorer」(エクスプローラー)


 

 File Explorerはこれまでと同じように動作するが、変更が施されている。新しいビジュアルテーマが適用されて、角が丸みを帯び、アイコンがシンプルになった。リボンはコマンドバーに置き換えられ、切り取り、コピー、貼り付け、名前の変更、共有、削除など、すべての主要コマンドのアイコンが小さくなった。

「Microsoft Store」


 

 Microsoft Storeの操作が簡単になった。ホームページには、アプリ、ゲーム、エンターテインメントなど、さまざまなセクションのアイコンが表示される。すべてのカテゴリーを検索することが可能だ。「Library」(ライブラリー)アイコンを使用すると、自分自身のライブラリーが表示され、ダウンロードしたアプリやゲーム、映画、テレビ番組、インストール可能なアイテム、更新可能なアイテムを確認できる。

まだ完成版ではない

 ほかの新しいソフトウェアと同様、Windows 11も賛否両論を呼ぶ可能性が高い。歓迎される変更もあれば、批判を浴びる変更もあるはずだ。しかし、現時点で、Windows 11はWindows 10よりもカスタマイズ性が低い。多くのユーザーはそのことに不満を覚えるかもしれない。とはいえ、先ほども述べたが、Windows 11はまだ完成版ではない。Microsoftは、Windows 11を試してみたい人々の体験やフィードバックを基に、これから数カ月をかけて新OSを形作っていくのだ。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]