周辺機器 コクヨ

コクヨ、デジタルホワイトボード「MAXHUB」--ウェブ会議やプレゼンにも活用

コクヨは、デジタルホワイトボード「MAXHUB」を発表した。「ウェブ会議」「プレゼン」「ホワイトボード」と3つの特徴に集約。Windows 10ベースのデバイスであり、そのまま各アプリケーションを実行できる。

 コクヨは7月1日、コロナ禍における相互コミュニケーションを支援するデジタルツール「MAXHUB(マックスハブ)」を発表した。Windows 10を搭載した静電容量方式の4Kフルフラット65/86インチディスプレイに、利用時にカメラが現れるフリップオーバー型の4800万画素カメラとアレイマイク×6を備える。

 全国コクヨ商品取扱代理店と直接販売を予定し、価格はオープンプライス。65インチモデルは7月9日から、86インチモデルは8月2日から受注を開始する。

コクヨ DX戦略部 部長 永井潤氏
コクヨ DX戦略部 部長 永井潤氏

 コクヨ DX戦略部 部長 永井潤氏は「DX(デジタルトランスフォーメーション)はオフィスでも重要なキーワードで、競争力の強化につながる。ただ、地方のデジタル化は進んでいない。MAXHUBでオフィスコミュニケーションのDXを推進する」と今回の製品に対する意気込みを語った。

ファイルをMAXHUBのオンライン会議で共有

 MAXHUBは「ウェブ会議」「プレゼン」「ホワイトボード」と3つの特徴に集約される。一般的なオンライン会議はZoomやMicrosoft Teams、Google Meetなどを使用するが、MAXHUBはWindows 10ベースで開発したデバイスのため、そのまま各アプリケーションを実行することが可能だ。

 資料共有時もドングルをPCのUSBポートに接続し、ドングルのボタンを押すだけでプレゼンテーションファイルなどを、MAXHUBのオンライン会議で共有できる。資料のページ送りといった操作もMAXHUB上で実行できるため、オンライン会議やプレゼンテーションに集中できるのは大きい。

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]