OS

「ターミナル」の基本コマンド17選--「Mac」向けCLIの使い方を学ぶ

「ターミナル」は、「Mac」向けのコマンドラインインターフェースだ。ディレクトリーの変更やファイルを開く操作など、ターミナルの理解と使用に役立つ17のコマンドを紹介する。

 「ターミナル」、すなわちコマンドラインインターフェース(CLI)は、多くの人がコンピューターの管理に欠かせないものだと考えている。かつてはコンピューター上で何かを遂行する唯一の手段だったが、PCの人気が高まるにつれて、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)に取って代わられていった。だが、伝統を重んじる人は、コンピューターの操作やタスクの実行の手段として、マウスによる処理よりもCLIの使用を好むことが多い。

 「Mac」のGUIは長年にわたって私たちの作業のやり方を変えてきたが、今なお多くの人がコマンドラインを使用しているのは、タスクの制御や自動化ができるほか、CLIでしかアクセスできないMacの機能も設定できるからだ。

 ターミナルには、基本的なタスクや反復的なタスクをより迅速に処理できる機能がある。複数のコマンドを連鎖させて、用途を拡大することなども可能だ。

 2001年にリリースの最初の「Mac OS X」以降を搭載するMacでは、UNIXベースのシェルを通して、Macのターミナルアプリからコマンドラインインターフェースを体験できる。このアプリは「アプリケーション」フォルダー内の「ユーティリティ」フォルダーにある(「Finder」ウィンドウを開いて「Command」+「Shift」+「U」を押す)。ターミナルでは、コマンドをキーボードで入力し、「return」キーを押して実行する。コマンドの実行後、ターミナルが応答して利用可能な関連情報を返す(出力をエコーバックしないコマンドもある)。

 ターミナルを開いて、以下の基本的なCLIコマンドをいくつか実行してみよう。現代のMacでコマンドラインインターフェースを使って作業を処理する方法について、知識を深められるはずだ。

1. ディレクトリーを変更する

コマンド:cd

機能:このコマンドは、ターミナルで現在作業中のディレクトリーを変更するものだ。別のディレクトリーで他のコマンドを実行するときや、別のディレクトリーの内容を表示する場合、あるいは別のディレクトリーでファイルを開く際に使用する。CLIでの作業時に使う非常に一般的なコマンドだ。今いる場所やディレクトリーが分からなくなったときは、pwd(print working directory)と入力して「return」キーを押すと、現在のパスが表示される。

例:cd "ディレクトリーへのパス"(図A

図A

図A

2. ディレクトリーの内容を一覧表示する

コマンド:ls

機能:cdコマンドを使用して別のディレクトリーに移動した後にこのコマンドを使うと、現在のディレクトリーの内容(ファイルとディレクトリー)を表示できる。引数-l(ls -l)を使用すれば、各ファイルのさらに詳細な情報(権限、所有者、作成日など)を得られる。

例:ls "ディレクトリーへのパス"(図B

図B

図B

3. ファイルを開く

コマンド:open

機能:ディレクトリーを参照していると、Macで開きたいファイルに出くわすこともあるだろう。そういうときに役に立つのがopenコマンドだ。このコマンドを入力して、後ろにスペースとファイル名を付けると、Macでそのファイルタイプを開くことができるアプリが起動し、ファイルが開かれる。ファイル名を入力するときに、すべての文字を入力する必要はない。ファイル名の一部を入力してから「Tab」キーを押すと、残りの文字が自動入力される。

例:open "ファイル名"(図C

図C

図C

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]