電子署名 帳票管理 インフォマート

年間700万円削減、ペーパーレス達成--さくらホームの電子契約導入効果

さくらホームは、「BtoBプラットフォーム 契約書」をグループ会社間の契約に活用。印紙代の削減や締結までの時間の短縮などの効果があるという。

 不動産、建築などを事業とするさくらホーム(石川県金沢市、連結従業員数146人)は、グループ会社間の契約にクラウド型電子契約書サービス「BtoBプラットフォーム 契約書」を採用。印紙代などのコストを削減、締結までの時間を短縮しているという。6月25日、サービスを提供するインフォマート(港区)が発表した。

 さくらホームグループで不動産開発事業を手がけるマスターズ(石川県金沢市、単体従業員数3人)と、分譲住宅やアパート建築などを企画、設計、施工するAXSデザイン(石川県金沢市、単体従業員数55人)では、月に約80件の請負契約が発生。年間約1000件となり、700万円ほどの印紙代が必要だったという。

 両社で時間を合わせて押印する機会は週1~2回しか取れず、発行から締結までは約5日、最短でも2日かかっていたと説明。

 保管や管理、必要時に探し出す手間なども課題だったとしている。

 複数サービスを検討し、両社の契約数に適したプランとお試し期間があるBtoBプラットフォーム 契約書を導入。クラウドサービスで電子帳簿保存法に対応する点も考慮したという。

 年間約700万円の印紙代を削減。図面や約款といった添付書類もペーパーレス化し、紙やインク費用も削減できたとしている。

 対面での押印は不要となり、契約締結時間を半分以下に短縮。早ければ即日戻ってくるという。

 紙の保管は無くなり、必要なデータがすぐに取り出せるとしている。

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]