スマートフォン

「iOS 15」入門--タスクへの集中や体験の共有を支援するアップルの新モバイルOS

「iOS 15」はアップルの最新のモバイルOSだ。作業への集中を助ける機能や新しいコミュニケーションなど、提供予定の新機能を紹介する。

 Appleのモバイルデバイス向けOSの最新バージョンである「iOS 15」は、同社の「Worldwide Developers Conference」(WWDC)において米国時間2021年6月7日に発表された。iOS 15のベータ版は同日、開発者向けにリリースされ、パブリックベータ版は2021年夏に提供予定だ。

 iOS 15には、消費者と開発者の双方にとって重要な新機能が多数含まれている。たとえば、コミュニケーションの変化に重点を置いた機能や、日常の特定の側面に焦点を当てる機能、デバイス上の知能、世界の探索などだ。

 iOS 15の正式版のリリースは2021年秋に予定されている。

どんなものなのか

 iOS 15は、「iPhone」「iPod touch」デバイスに対応するAppleの最新モバイルOSだ。WWDC 2021で発表されたこの新バージョンには、iOSデバイスで利用可能な新しい機能とサービスが多数含まれている(下のセクションで自分のデバイスが対応しているかどうか確認してほしい)。

 消費者、開発者、法人ユーザーに関連する多数の新機能が、この新バージョンのiOSに搭載される。これには、コミュニケーションの追加機能、ユーザーが特定のタスクや今やりとりしている相手に集中できるようにする機能改善、世界と関わるための機能などがある。

どのデバイスが対応しているのか

 「iOS 14」に対応していたハードウェアの大半はiOS 15もサポートする。本稿執筆時点で入手可能なApple製デバイスで対応している機種は以下のとおりだ。

  • iPhone 12
  • 「iPhone 12 mini」
  • 「iPhone 12 Pro」
  • 「iPhone 12 Pro Max」
  • 「iPhone 11」
  • 「iPhone 11 Pro」
  • 「iPhone 11 Pro Max」
  • 「iPhone XS」
  • 「iPhone XS Max」
  • 「iPhone XR」
  • 「iPhone X」
  • 「iPhone 8」
  • 「iPhone 8 Plus」
  • 「iPhone 7」
  • 「iPhone 7 Plus」
  • 「iPhone 6s」
  • 「iPhone 6s Plus」
  • 「iPhone SE」(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

主な機能にはどんなものがあるのか

コミュニケーション

「FaceTime」

 FaceTimeはiOS 15で大幅にアップデートされ、ビデオチャットの自然さ、快適さ、リアルさが向上する。まず、「AirPods Pro」で初めて採用された空間オーディオが、FaceTimeアプリでサポートされる。これにより、空間オーディオ対応のAirPodsを装着すると、音声がデバイスから発せられているように聞こえる。

 FaceTimeには、「Voice Isolation」と呼ばれる機能によって周囲のノイズを遮断するアップデートもある。この機能は機械学習を使用してユーザーの声を分離し、それ以外のすべてのノイズをブロックする。

 AppleはiOS 14で、複数人でのビデオ通話用の新しいビューを発表した。これは、話している人のタイルを拡大するライブタイルをサポートするものだった。この機能には賛否両論の反応があった。Appleはこの機能を変更して、ユーザーがライブタイルビューとグリッドビューを選べるようにしている。グリッドビューでは、ビデオの参加者全員が同じサイズのグリッドで表示されるため、すべての参加者を同時に確認しやすい。

 FaceTime関連の最大の発表は、FaceTimeリンクと「SharePlay」という2つの新機能だ。

 FaceTimeリンクを使用すると、FaceTime会議を事前にスケジュールして、そのリンクを電子メールや「iMessage」、カレンダーの招待状で送信できる。ユーザーがリンクをクリックすると、デバイスがFaceTimeをサポートしている場合は、FaceTimeが自動的に開く。参加者が「Windows」や「Android」など、FaceTimeを使用できないデバイスを使っている場合は、ウェブブラウザーが開き、FaceTimeアプリなしで安全に通話に参加できる。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]