スマートフォン

「iOS 15」入門--タスクへの集中や体験の共有を支援するアップルの新モバイルOS

「iOS 15」はアップルの最新のモバイルOSだ。作業への集中を助ける機能や新しいコミュニケーションなど、提供予定の新機能を紹介する。

 Appleは、iOSを世界で最も安全なモバイルOSにするという姿勢を続けており、iOS 15での変更はプライバシーが中心になっている。これらの新機能には、Privacy Reportや「Mail」「Siri」が含まれる。

 Mailでは、ピクセルトラッキングをユーザーがブロックできるようになるほか、IPアドレスが難読化され、電子メールが読まれたかどうかを送信者が追跡できないようになる。

 Siriでは、デバイス上での音声認識がデフォルトになる。そのため、ユーザーの音声がSiriのテキスト変換のためにAppleのサーバーに送信されることはない。これによって、リクエストをより迅速に処理できることが多くなるので、速度面でのメリットもある。

 Appleは、アプリのPrivacy Report機能も新たに導入する。同機能にアクセスすると、プライバシーに関して、特定のアプリの挙動がどれだけ適切なものであるかを確認できる。レポートには、ユーザーがアプリに付与した権限、アプリがやりとりしたサードパーティーのドメイン、直近のアクセスなどが表示される。

その他の注目すべき機能

  • ミー文字で、新しい服装、メガネ、帽子、目の色のカスタマイズを選択できるようになった。
  • 旅行で訪れるべき都市や場所について、編集者がキュレートしたガイドがMapsに表示される。
  • Safariが全面的に再設計され、スワイプ可能なタブ、新しいスマート検索フィールド、macOSと同様にサードパーティーのウェブ拡張機能をインストールできる機能が追加された。
  • Walletでは、企業のオフィス入室用の社員証がサポートされるほか、現在使用していない通行証をアーカイブする機能も追加される。
  • Photosに新たに追加される「Info」パネルに、カメラ、レンズ、シャッタースピード、ファイルサイズや、Messagesで「Shared with You」写真を送信したユーザーなどの情報が表示される。撮影日や撮影地の編集、キャプションの追加、「Visual Look Up」で検出されたアイテムについての情報の表示も可能だ。
  • 「Health」アプリで、データを他のユーザーと簡単に共有したり、ヘルスケアプロバイダーによる検査の情報を閲覧したり、自分の健康状態のトレンドを確認したりできる。
  • 「セキュアペースト」では、アプリはユーザーから具体的に許可を得るまで、ユーザーがコピーした内容を見られない。
  • Siriは、タイマーとアラーム、電話、メッセージ、共有、アプリの起動、音楽再生の操作、設定など、多くのタスクをオフラインでサポートするようになる。
  • 「Apple ID」がAppleの「Digital Legacy」プログラムに対応した。これにより、ユーザーの死後、家族や愛する人がそのユーザーのデータにアクセスできるようになる。また、Apple IDがロックされてしまった場合に、指定した信頼できる連絡先にコードを提供してもらい、ロックされたアカウントへのアクセスをすぐに復旧させられる。
  • 「VoiceOver」が、画像を探索して、画像内の人、物体、テキスト、表に関する詳しい情報を取得する機能に対応する。
  • 「App Library」機能でホーム画面を簡単に並べ替えられるようになる。
  • 「Apple Pay」の決済フロー画面が再設計され、クーポンコードや業者が許可する追加情報などを入力可能になる。
  • 「Camera」に新しいパノラマモードが追加される。このモードは、幾何学的な歪みを改善して、動く被写体をよりうまく捉える一方で、画像のノイズとバンディングを低減する。
  • 「CarPlay」がメッセージや通知をアナウンスできるようになる。
  • 「AirTag」デバイスを見つけるのと同じ方法で、「Find My」を使ってサポート対象のAirPodsモデルを探すことができる。
  • テキスト入力中にカーソルを長押しすると表示される拡大鏡が復活する。
  • ソフトウェアアップデートでは、従来のメジャーバージョンを使い続けてセキュリティアップデートだけを受け取るか、最新バージョンに移行して機能とセキュリティのアップデートを受け取るかを選択できる。
  • iCloudの一時ストレージ機能を使用すると、iCloudに十分な空き容量がない場合でも、iCloudを使用して新しいデバイスにデータを転送できる。Appleはこのプロセス用に無料のストレージを提供する。
  • 追加のシステムウィジェットには、Mail、App Store、睡眠データ、「Game Center」、Find My、「Contacts」などのものが含まれる。
  • 提供:Apple
    提供:Apple

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]