コラボレーション

「Fluid」コンポーネントとアプリの連携--MSが見据える共同作業の未来

マイクロソフトは、新しい形の共同作業を実現する技術として、オープンソースの「Fluid Framework」に期待をかけている。先ごろ、Fluidコンポーネントがプライベートプレビューとして利用可能になった。

 人々がオフィスや職場に(少なくとも部分的には)戻り始める中で、Microsoftが見るハイブリッドワークの未来には、まだリモートでの共同作業が含まれている。これは非同期で行われるものもあれば、リアルタイムで行われるものもある。

 「パンデミック下で顕著に表面化したのは、チームの生産性、すなわち人間の集団が連携できるようにすることだ」。Microsoftのエクスペリエンスおよびデバイス担当エグゼクティブバイスプレジデントのRhajesh Jha氏は、先ごろ開催された「Build」カンファレンスでこのように語った。「今はコラボレーションアプリの時代であり、その中心には共同作業があると考えている。共同作業は、ビデオ会議というコンテキストで同期的に実施されることもあれば、ドキュメントやチャットで非同期的に行われることもある」

 「今後は共同作業が新しいアプリケーションの中心になる必要がある」とJha氏は付け加えた。

 そうした新しいグループの生産性を実現するために、Microsoftが期待をかけているテクノロジーが、オープンソースの「Fluid Framework」だ。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 インタラクティブなFluidコンポーネントにより、リアルタイムの低遅延のウェブ編集機能が「Microsoft Teams」やその他の「Office」アプリに追加されるとともに、非同期での共同作業が可能になる。Fluidはドキュメントの共同編集を高速化するだろう。これは、誰かの変更内容がすぐに他の全メンバーに表示されるだけでなく、リストやテーブル、一連のアクションアイテムをFluidコンポーネントにすることで、誰もが都合の良いときに共同作成や編集ができるからだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3610文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]