開発 運用 OS RDBMS

コンピューターの「オープン」と「クローズ」の意味--刷新ってオープン化?

DXブームを追い風にオープン化を志向する傾向があるが、そもそもオープンなシステムとはどんなもので、何が目的となるのだろうか。ITにあまり馴染みのない方でも理解できるよう、プリンターや写真などを例に挙げながら解説する。

 「オフコンなんて使っていちゃだめですよ。早くオープン化しないと!」

 デジタルトランスフォーメーション(DX)ブームを背景に、このような文言が巷にあふれている。しかし、そもそもオープンシステムとは何で、何が目的となるのだろうか?

 前回は、「インフラとしての『IBM i』はオープン化されていること」や、「IBM iに残ったレガシーの正体」を明確化した。「長年使い続けたアプリケーション」と「長年変わらない維持メンテナンス方法」が、オープン化した方が良いレガシーの正体であると理解いただけたと思う。

 今回は、その「オープン化」に焦点をあて、そもそもの意味や意義の整理とともにDX時代のオープン化の形を、ITにあまり馴染みのない方でも理解できるよう、例を挙げながらわかりやすく説明する。

オープンシステムって何?

 コピーやプリンター用紙のサイズで「A4」「B3」という用語は読者の方も良くご存知の規格と思う。このおかげでコピー機やプリンターのメーカーが違っても同じサイズ用紙が利用できることは一般的である。

 一方で、コピー機やプリンターのトナーやインクに関しては、カートリッジの形や取り付け方法などがメーカーごとに違う。つまり、前者はオープンな仕組みであり、後者はクローズな仕組みである。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2173文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]