コールセンター・コンタクトセンター 都築電気 日本アバイア

通販のベルーナ、コールセンターをAvayaに--ログイン数に応じた従量課金制

ベルーナは、従量課金制を採用するコールセンターシステム「Avaya OneCloud CCaaS」を導入。インフラ部分を個別カスタマイズできる「OneCloud Custom」ライセンスを活用するという。

 通販事業を展開するベルーナ(埼玉県上尾市、連結従業員数3320人)は、コールセンターシステム「Avaya OneCloud CCaaS」を導入。

 活用状況に応じた従量課金制を採用しつつ、インフラストラクチャ部分を個別カスタマイズできるライセンス「OneCloud Custom」を活用するという。6月8日、導入、運用を支援する都築電気(港区)が発表した。

 ベルーナが活用していたコールセンターシステムは、オペレーターの稼働状況にかかわらない課金形態を採用していたという。稼働率に繁閑差があるため、実利用席数と運用コストにギャップが発生。

編集部おすすめの関連記事

 システム更新にあわせて稼働量に応じた適正な運用コスト、個別要件に対応できる柔軟性などが課題に挙がったとしている。

 既存システムの導入、運用を支援していた都築電気は、オペレーターの勤務シフト情報や稼働状況を分析。

 実電話機台数と実同時利用台数の間に乖離が発生しづらいOneCloud CCaaS活用プランを作成したという。

 切り替えによる対応品質低下の防止も考慮し、既存のコールセンターシステムから運用を変えずに活用できるとしている。

 OneCloud Customは、コールセンター内オペレーターの同時ログイン数を毎時取得、最大同時ログイン数に応じて従量課金するクラウド型コンタクトセンターであるOneCloud CCaaSのライセンスメニューの一つ。

 データセンターの設置要件、構成といったインフラストラクチャ部分を細かくカスタマイズ可能。個別要件に対応しながら活用できるという。

ライセンスメニューイメージ(出典:都築電気) ライセンスメニューイメージ(出典:都築電気)
※クリックすると拡大画像が見られます

 アウトソーシング事業者を除いた企業直営のコールセンターに対する導入は日本初になるとしている。

「コールセンター・コンタクトセンター」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]