運用管理 New Relic株式会社

さとふる、性能監視ツールでサイト全体を可視化--利用者のブラウザ、アプリまで

さとふるは、ウェブサイトのパフォーマンス改善のため「New Relic One」を活用してサービス全体の状況を可視化。課題発生時の早期解決などに役立てる。

 ふるさと納税サイト「さとふる」を運営するさとふる(中央区、従業員数約80人)は、クラウドベースの性能監視ツール「New Relic One」を導入。

 試験導入で一部を活用していたクラウドベースのアプリケーションパフォーマンス管理(Application performance management:APM)ツール「New Relic APM」から切り替え、サービス全体の状況を可視化するという。6月3日、提供するNew Relic(港区)が発表した。

 ふるさと納税の認知や利用者増に伴い、パフォーマンスの更なる改善、課題発生時の早期解決が必要だったという。

 アプリケーションのパフォーマンスを可視化、ボトルネックを特定できるNew Relic APMを活用していたが、New Relic Oneの全機能の導入に切り替えるという。

 バックエンド環境だけでなく、利用者が実際に使用するウェブラウザーやモバイルアプリ上での顧客体験までを含め、サービス全体をエンドツーエンドで可視化すると説明。

 機能だけでなく、活用までをサポートする支援体制も評価したとしている。

 New Relic Oneは、オブザーバビリティ(可観測性)をプラットフォームで提供できるというクラウドサービス。

 人工知能(AI)の活用でインシデントを自動、リアルタイムで検出できる「Applied Intelligence」、APM、インフラストラクチャ、ログ、デジタルの顧客体験などにまたがるソフトウェアスタック全体を可視化できる「Full-Stack Observability」、アプリケーションやインフラストラクチャのデータをペタバイト規模で収集、可視化できる「Telemetry Data Platform」の3つの機能があるという。提供価格は非公開。

機能イメージ(出典:New Relic)
機能イメージ(出典:New Relic)

※クリックすると拡大画像が見られます

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]