セキュリティ 日立製作所

日立の新サービスにみる「ニューノーマル時代のサイバー防衛訓練」とは

本連載では、筆者が「気になるIT」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、日立製作所「オンラインNxSeTA」を取り上げる。

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、日立製作所が提供するサイバー防衛訓練サービス「オンラインNxSeTA」を取り上げる。

サイバー防衛訓練サービス「NxSeTA」をオンライン化

 日立は先頃、電力や鉄道、上下水道などの社会インフラ事業者向けに、リモート環境からの参加を可能としたサイバー防衛訓練サービス「オンラインNxSeTA」の提供を開始した。

編集部おすすめの関連記事

 同サービスは、従来、日立の大みか事業所や顧客企業の拠点および事業所で、重要インフラ分野での高度なセキュリティ人材を育成する場として多数の訓練実績を重ねてきたサイバー防衛訓練サービス「NxSeTA」(Nx Security Training Arena)をオンライン化したものである。(図1

図1:「オンラインNxSeTA」の概要(出典:日立製作所) 図1:「オンラインNxSeTA」の概要(出典:日立製作所)
※クリックすると拡大画像が見られます

 コロナ禍のリモート環境においても、日立が長年培ってきた社会インフラのOT(制御、運用技術)の経験やノウハウとIT(情報技術)の融合により、実際の社会インフラの環境を再現した模擬システムを用いた実践的な訓練を受けることができる。

 また、オンラインでの提供により、受講者は場所を限定せず、効率的かつ柔軟に訓練に参加することが可能だ。加えて、セキュリティインシデントへの対応スキルで重要な個人および組織のコミュニケーション力やレジリエンス(回復力)を段階的かつ継続的に教育、訓練することができる。

 近年、IoT技術の普及により、社会を支える重要インフラのデジタル化が急速に進む中、サイバー攻撃のリスクが高まるとともに、その攻撃手法も高度化、執拗化しており、世界的な問題となっている。社会インフラに対するサイバー攻撃は人々の生活に多大な影響を与えることから、業界全体でその対策の強化が急務となっている。さらに新型コロナウィルス感染拡大の影響により、企業の業務環境も変化しており、リモート業務を適用したインシデント対応能力、運用の整備、組織間の連携強化が重要となっている。

 そうした状況の下、社会インフラ事業では効率的かつ柔軟なセキュリティ教育機会の提供を実現する教育のオンライン化へのニーズも高まっている。日立が今回発表した新サービスは、こうしたニーズに対応するものである。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]