開発 運用 OS RDBMS

「レガシー」の意味を切り分ける--「IBM i」を継続利用してはいけないの?

「IBM i」を使い続けていいのかという課題は、情報システム部に留まる問題ではなく経営課題でもある。コンピューターエンジニア経験者ではない意思決定者などでも判断材料にできる情報を、わかりやすく説明する。

 前回の記事において、ミッドレンジコンピューター「IBM i」を、「当時なぜ導入したのか?」「なぜ今も使っているのか?」の理由を整理した。「古いまま、ずっと使っているのだな」と印象をお持ちになったかもしれないが、IBM iはその前身となる「AS/400」とは違うものである。

 今回は、IBM iの実体とレガシーの正体をさらにわかりやすくかつ詳しく解説する。

古いコンピューターを持っていて大丈夫なの?

 古いコンピューターを表すものとして「レガシーシステム」という言葉を良く目にすることが多くなってきている。なんとなく、IBM iはこれに相当するとされているが、このまま使い続けていいのかの判断においては、曖昧にできない大事なことである。

編集部おすすめの関連記事

 まずはレガシーの基準を考え、IBM iが相当する点を整理してみよう。

 保持するコンピューターがレガシーであるかどうかの基準は、下記の4点となる。

  1. そのコンピューターメーカー以外のコンピューターと接続できない
  2. そのコンピューターでしかプログラムやデータベースを使えない
  3. そのコンピューターでしか使えない技術でしか動かせない
  4. 昔の技術で作られていて、新しい技術は使えない

 まず、基準にIBM iが当てはまるかを確かめる前に、明確にしておかなければならないことがある。それは、IBM iはその前身となるAS/400とは決定的に違うということである。AS/400はハードウェアや基本ソフトウェアを統合したシステムであることに対し、IBM iは基本ソフトウェアのみを指す。ハードウェアは「Power Systems」と呼ばれていて、IBM iはそのコンピューター上で稼働する基本ソフトウェアという位置づけとなる。

 では、この前提を踏まえて基準と比較してみよう。

1.そのコンピューターメーカー以外のコンピューターと接続できない

 30年以上前から専用端末をPCで代替することは一般的に行われているため、それを除いた判断となる。IBM iは、インターネットで標準とされている通信手順で接続することができるため、その標準に沿った機器と接続可能であり、他のコンピューターとこの点は変わらない。IBM機器でしか使えない古い通信手順を使っているという記事も見かけるが、それは誤りである。

2.そのコンピューターでしかプログラムやデータベースを使えない

 プログラムにはそれを開発するための言語というものがある。IBM iは、多くのAS/400時代からのプログラムが「RPG」と呼ばれる言語で作られており、IBM i以外の環境では一般的なものではないため、そのまま他の環境では動かせない。

 だが、他の環境からネットワークを通じて実行を行い、実行結果のデータなどを他の環境で受け取ることは可能であり、オープンシステムと統合できる。また、「Java」「Python」「Node.js」などのオープン系で標準的に利用されている言語での開発は可能となっており、新規開発という面ではオープンシステムとしての標準技術で開発できる。

 また、データを「Oracle Database」や「SQL Server」のように標準的な手順で取得、更新したり、追加や削除したりができないのではないかという点も良く聞くがこれも誤りで、全く同じことが可能である。

3.そのコンピューターでしか使えない技術でしか動かせない

 システムの資産管理や運用管理はAS/400時代の方法もそのまま維持しつつ、オープンシステムで標準のツールを利用した運用と管理ができるようになっている。

4.昔の技術で作られていて、新しい技術は使えない

 1~3で記載した通り、新しい標準技術で開発、テスト、運用、管理が可能である。またPower Systemsは、IBM i以外に「AIX」と呼ばれるUNIXと、現在オープンシステムの標準OS(オペレーティングシステム)となっているLinuxが導入、稼働できる。よって、専用コンピューターだったAS/400とPower Systemsを同列に並べて、PCサーバーなどに置き換えないと使えなくなるというような主張は誤りであることがわかる。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]