RPA

「Power Automate Desktop」で最初のアプリを作成するには

「Windows 10」で無料利用が可能になったマイクロソフトのRPAツール「Power Automate Desktop」を使って最初のアプリを作成する手順を紹介する。

 人工知能や自動化、ローコードプログラミングといった概念は、依然としてビジネスの世界のさまざまな場所で支持を得ようとしている段階にある。しかし、競争で優位に立とうとしている企業にとって、それらは不可欠なものになりつつある。自分の仕事に含まれる平凡で日常的なタスクを自動化できる従業員は、それよりもはるかに生産的で影響力のある仕事に自由に取り組める。これは双方にメリットのある状況だ。

 Microsoftはそうしたトレンドを認識しており、すべての「Windows 10」ユーザー向けに「Power Automate」システムの無料版を提供している。Power Automateは、ローコードプログラミングの利点を活用して、個人がWindows 10、「Microsoft 365」、および「Microsoft Azure」環境のほぼすべての操作を自動化できるようにする。このチュートリアルでは、Power Automateツールを使用して簡単なアプリケーションを作成する方法を解説する。

Power Automate Desktopを使用して最初のアプリを作成する方法

 米TechRepublicの過去の記事で説明したように、Windows 10で無料利用が可能な「Power Automate Desktop」は、同OSの最新バージョンを実行しているPCにダウンロードしてインストールできる。本記事では、読者の皆さんがすでに手順に従ってPower Automate Desktopをインストール済みだという前提で説明を進める。

 最初のPower Automateアプリの作成を開始するには、デスクトップ上のPower Automate Desktopのアイコンをダブルクリックする。図Aのような画面が表示されるが、この時点ではまだそれほど多くの情報は表示されていない。

図A

図A
 

 図Bのように、画面の「+ New Flow」(+新しいフロー)ボタンをクリックして、構築プロセスを開始する。最初のステップは非常に簡単だ。新しいアプリに名前を付けて、「Create」(作成)ボタンをクリックする。

図B

図B
 

 次に、ローコードアプリ構築画面(図C)が表示される。ここで、左側のウィンドウの長いリストからアクションをドラッグ&ドロップするか、あるいは、「Webレコーダー」や「デスクトップレコーダー」でアクションを記録して、アプリに指示を与える。

図C

図C
 

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]