開発支援 運用 その他セキュリティ

クラウドインフラ自動化「Terraform」のHashiCorp、日本市場での事業拡大目指す

マルチクラウドのインフラを自動化できる「HashiCorp Terraform」、マルチクラウドのセキュリティ基盤をなす「HashiCorp Vault」などを提供するHashiCorpは、日本市場での拡大策を進める。

 マルチクラウド・プロビジョニング(運用)の「HashiCorp Terraform」、マルチクラウドのセキュリティ基盤をなす「HashiCorp Vault」などを提供するHashiCorpは、2018年9月に日本法人としてHashiCorp Japanを設立。HashiCorp Japanは、2021年5月27日に日本市場でのビジネス拡大を表明する記者会見を開催した。

(左から)HashiCorp CEO Dave McJannet氏、HashiCorp Japan カントリーマネージャー 花尾和成氏
(左から)HashiCorp CEO Dave McJannet氏、HashiCorp Japan カントリーマネージャー 花尾和成氏

 日本市場で存在感を示すために、ソリューションの普及やパートナーシップ、国内担当チームの拡充を目指す。HashiCorp Japan カントリーマネージャー 花尾和成氏は同社が提供するソフトウェア群の必要性を次のように強調した。

 「サービスや環境、ツールが多様化し、根本的に概念を変える必要がある。たとえば社内開発を担う人材が確保できない場合、既存もしくは新規のSIer(システムインテグレーター)と開発することになるが、外部連携時はセキュリティが欠かせない。(開発時は)多くのツールを使用するため、ゼロトラストモデルによってシークレット管理やデータ保護、アクセス制御が必要不可欠だ」

ゼロトラストモデルの安全な環境で開発運用

 ゼロトラストモデルの概念や構成要素はメーカーや識者によって意見が分かれるものの、HashiCorp Japanでは、(1)シークレットの集中管理や動的なシークレット運用を含める「シークレット管理」、(2)データ暗号化やデータ改竄(かいざん)の検証を意味する「データ保護」、(3)コンピューター同士や人からデバイスへのアクセスを制御するため、ネットワークレイヤーを保護したり、証跡を管理したりする「アクセス制御」――という3要素で構成されるとしている。

 花尾氏は「顧客の課題や環境に応じて適用し、単独のベンダーで幅広い用途に対応できるラインアップを用意しているのは強みだと確信している」と強気の姿勢を見せた。

 ここでHashiCorpが提供する製品(オンプレミスのソフトウェアやSaaSの両方の形態で利用できる)の利用イメージを紹介したい。

 何らかの理由でシステム利用者が個人情報を入力すると、Vaultが入力情報の暗号化とデータベース(DB)にアクセス用に必要なシークレット情報を発行。クラウドネットワーキングを自動化する「HashiCorp Consul」を介したDBアクセスの認可と、Vaultによる管理が実現するため、アプリケーションが入力情報やキー情報を管理する必要はない。

 運用・開発者側の視点に立つと、自社で利用する認証基盤がひもづけた認可情報に基づき、「HashiCorp Boundary」がサーバーへのセッションを確保する。同時にBoundaryがSSHやRDP、DBのシークレットをVaultに要求すると、必要最小限かつ短期間の有効なシークレット情報を発行することで、保守作業を安全かつ速やかに実行できる。

 これらの仕組みで「ゼロトラストモデルを実現し、安全な環境で開発運用を遂行して、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進できる世界を実現したい」(花尾氏)とソフトウェアのユースケースを披露した。

「開発支援」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]